Steam運営のValveが手掛けるポータブル型PC「Steam Deck」はゲーム業界にパラダイムシフトを引き起こすか

Steamの豊富なタイトルがどこででも遊べる魅力

ゲーム機としてSteam Deckを見た時に、Valve社がPCゲームを根付かせるために続けてきたこれまでの努力と、その成果とも言える豊富なライブラリを持つ点も魅力のひとつと言える。

現在、Windows用のSteamでプレイ可能なタイトル数は約4万本近くある。しかも一昔前のようにマイナーなPCオンリータイトルだけでなく、現行のコンシューマゲーム機と比較しても遜色のないラインアップが用意されている。Steamが時間をかけて大手ベンダーと信頼関係を築いてきた結果、Rockstar GamesやBethesda Softworksといった名のある海外パブリッシャーや、カプコン、スクウェア・エニックスといった国内パブリッシャーも、最近ではコンシューマ機と同じようにWindows用のSteam向けに最新作をリリースしている。
 
こうしたメジャーなタイトルに加えて、昔からのPCゲームと同様、個人開発によるユニークなタイトルや小規模ゲームスタジオによるインディーズタイトルも豊富に取り揃えていることも、Steamの強みだ。近年ではSteamで話題になってコンシューマ機に移植されるケースも珍しくない。

これら全てのタイトルに直接アクセスし、場所を気にせずに自由に遊べるようになるのは、非常に有意義な体験と言えるだろう。
 (2301)

現状4万本近いSteamライブラリが活用できるのは大きい
Steam OS 3.0では、各社がWindows用のSteam向けに開発したゲームやアプリケーションをそのまま動作させることが可能な互換レイヤー「Proton」を搭載している。Valve社が公開する「Steam Deckについてのよくある質問」には、「既存タイトルについては『Proton』があるのでLinuxに移植する必要はない」との回答が明言されている。

では実際にどのくらいのソフトがProton上で動作するのか。Protonの対応状況をユーザーから収集する非公式のコミュニティサイト「ProtonDB」を見ると、対応するゲームタイトルは8月9日現在、1万5636本と提示されている。トータルで4万近いタイトルのうちのこの数字が多いと取るか少ないと取るかは意見が分かれるところだが、ProtonDBが取り上げる数多くの過去のメジャータイトルについて、同サイトには「これらタイトルはまだ正式に対応できていないが、ProtonDBには多くのレポートが上がっている」と記載がある。

確かにリストには「Grand Theft Auto V」や「FallOut 4」、「Witcher 3」、「No Man's Sky」、「The Elder Scrolls V:Skyrim」といった発売済みの多くのメジャータイトルが並んでいる。これらの多くはProtonでの動作保証はまだできていないが、非常に多くのレポートが提出されており、動作する可能性が高い。Steam DeckがSteam OS 3.0と最も親和性の高いハードとして開発されるなら、ここでレポートが多く上がっているタイトルについては、比較的スムーズにSteam Deckにも対応できるようになると思われる。

加えて、Steamでリリースされているタイトルの中には「Tomb Raider」新3部作のように、初めからSteam OSでの動作を前提に開発されたタイトルもある。こうしたタイトルはProtonDBでは「NATIVE」として完全動作を保証するタイトルとして区別されている。
 (2303)

Steam OS 3.0に備える「Proton」の互換性は意外と高い。Steam Deck発売前までにどこまでこの互換性が向上するかによってSteam Deckこのハードウェアの未来が決まると言っても過言ではない
31 件

ranking

  • 1
    サムネイル

    【宅トレ】まずはストレッチから始めてみよう! なんだかんだ続けてしまうワークアウト動画

  • 2
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 3
    サムネイル

    ウォン・カーウァイが帰ってくる! 無力なマニアが4K修復版に気づき、夢見た劇場公開

  • 4
    サムネイル

    最近はやりの「メタバース」を理解するための映画5選

  • 5
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 1
    サムネイル

    【宅トレ】まずはストレッチから始めてみよう! なんだかんだ続けてしまうワークアウト動画

  • 2
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 3
    サムネイル

    目からウロコ!おうちの隅で眠っている「古いスマホ」の活用法

  • 4
    サムネイル

    ウォン・カーウァイが帰ってくる! 無力なマニアが4K修復版に気づき、夢見た劇場公開

  • 5
    サムネイル

    FC琉球がGMOコインを通じてプロスポーツクラブ初となるIEO(暗号資産発行)による資金調達を実施!

  • 1
    サムネイル

    今ある家電にプラスするだけ、2022年版、スマートホームを実現する方法

  • 2
    サムネイル

    【宅トレ】まずはストレッチから始めてみよう! なんだかんだ続けてしまうワークアウト動画

  • 3
    サムネイル

    「マルトマ食堂」二代目店主が破格の海鮮丼を作り続ける理由

  • 4
    サムネイル

    目からウロコ!おうちの隅で眠っている「古いスマホ」の活用法

  • 5
    サムネイル

    最近はやりの「メタバース」を理解するための映画5選

internet for you.