未回収リスクを軽減!? リアルタイムで与信審査ができる「GMO掛け払い」

日本国内のBtoB取引における支払いは、商品の納品後に請求書を送付して、決められた期日までに支払われる「掛け払い」が一般的だ。掛け払いは昔からの商慣習だが、売り手側が先にサービスや商品を提供する必要がある上、取引先ごとに事前の与信判断や請求書発行、入金管理、未入金時の督促などの作業が発生するため、現場の業務負担が非常に大きい。
 
また、取引先から支払いを受けられない場合、商品やサービスを提供しても、売掛金を回収できず大きな損害を被るなど、売る側のリスクが高いのが難点だ。

そんな掛け払いの仲介役ともいえる、売り手側の請求関連業務を代行するサービスをGMOペイメントゲートウェイの連結会社、GMOペイメントサービスが2020年11月13日より「GMO掛け払い」として提供を開始した。

他社を含めたこれらのサービスの最大の特徴は、従来の掛け払いにおける売り手側の請求関連業務を代行すること。さらにGMOペイメントサービスによる与信審査を通過し、正常に完了した取引を対象に、買い手側の支払い状況に関係なく、決められた期日に売上金を入金するため、文字通りの仲介を果たしてもくれる。

既存サービス利用者の声から始まった「GMO掛け払い」

GMO掛け払いを始めたきっかけについて、GMOペイメントサービス 後払い事業部・事業開発グループ 河合孝弥氏に尋ねたところ、こんな答えが返ってきた。

「GMOペイメントサービスでは、2013年よりBtoCのEC向けのサービス『GMO後払い』を提供していますが、ここ数年加盟店様よりBtoB取引向けの後払い決済サービスについてもご相談を数多くいただくようになりました。

BtoB取引では、売掛金の請求業務が煩雑であること、売掛金の未回収リスクが生じることが課題になっているという意見があり、またBtoC事業者様も、購入者が仕入れ目的や団体のまとめ買いなど企業の場合に、同様の課題があることが分かりました。

さらに近年のペーパーレス化・業務効率化に加え、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する動きが出てきており、BtoB取引向けの後払い決済サービスの導入も進みつつあります。BtoB取引における請求業務のDX推進と未回収リスクの負担をなくすべく、GMO掛け払いの提供を開始しました」

他社でも同様のサービスを提供しているが、このタイミングでGMO掛け払いを仕掛ける強みはどこにあるのだろう?他社の掛け払い代行サービスとも比較してみた。
15 件

ranking

  • 1
    サムネイル

    未来のマインクラフト? 話題の「Core Keeper」をやってみた!

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    マイクラとの違いは? ハマるサンドボックスゲーム「Core Keeper」の魅力をさらに掘り下げる!

  • 4
    サムネイル

    「マルトマ食堂」二代目店主が破格の海鮮丼を作り続ける理由

  • 5
    サムネイル

    AI普及のカギは“ノーコード”にあり

  • 1
    サムネイル

    AI普及のカギは“ノーコード”にあり

  • 2
    サムネイル

    両親の見守りはコレで決まり!「実家テック」最前線

  • 3
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 4
    サムネイル

    医療保険の加入は必要?保険の加入時期、月々の支払額など実態を調査

  • 5
    サムネイル

    お風呂タイムが充実!100円ショップで買える防滴 Bluetooth スピーカー3種を比べてみた

  • 1
    サムネイル

    両親の見守りはコレで決まり!「実家テック」最前線

  • 2
    サムネイル

    GMOインターネット・熊谷正寿流「ハイブリッド出勤」のススメ

  • 3
    サムネイル

    あとから見てもうれしい! お気に入りの「いい写真」を撮るには

  • 4
    サムネイル

    カセットガスの「ホットプレート」で便利と美味しいが両立!イワタニ「mini-maru」

  • 5
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

internet for you.