「GMO賃貸DX業者さんアプリ for 原状回復」を12月16日から提供開始

GMOインターネットグループGMO ReTechは2021年12月16日に、スマホアプリで不動産管理会社と賃貸運営関連業者とのコミュニケーションを実現する「GMO賃貸DX 業者さんアプリ for 原状回復」の提供を開始しました。

不動産管理会社は、「GMO賃貸DX」ブランドで提供されている「GMO賃貸DX オーナーアプリ」「GMO賃貸DX 入居者アプリ」と併せて導入することで、不動産オーナー、入居者、賃貸運営関連業者との連絡や手続きのDX(デジタル・トランスフォーメーション)や関連書類のクラウド上での一括管理を実現できるようになります。
 (4340)

「GMO賃貸DX 業者さんアプリ for 原状回復」の業務フロー

「賃貸運営を楽にする」をミッションに「GMO賃貸DX」シリーズを展開

GMO ReTechは「賃貸運営を楽にする」をミッションとして、不動産領域におけるDXを推進するために2020年7月に設立された企業です。不動産テックのサービスブランド「GMO賃貸DX」を掲げ、すべての賃貸運営者が書面などの煩雑な業務から解放されることを目指してサービスを提供しています。

2020年12月には不動産賃貸管理会社とオーナーとのコミュニケーションを「GMO賃貸DX オーナーアプリ」を提供し、2021年1月からは不動産賃貸管理会社と入居者間のコミュニケーションを可能にする「GMO賃貸DX 入居者アプリ」の提供を開始しました。

今回の「GMO賃貸DX 業者さんアプリ for 原状回復」によって、不動産のオーナー、入居者、さらに賃貸運営関連業者とのコミュニケーションをスマートフォンやWebで一元管理できるようになりました。
 (4343)

不動産のオーナー、入居者、さらに賃貸運営関連業者とのコミュニケーションをスマートフォンやWebで一元管理できるようになった、不動産テックのサービスブランド「GMO賃貸DX」

原状回復工事などに携わる関連業者のDXや負担軽減を実現

「GMO賃貸DX 業者さんアプリ for 原状回復」の提供を開始したのは、賃貸不動産の原状回復に際して必要な手続きをワンストップで行えるソリューションがなかったことが背景にあります。

賃貸契約終了後には、必ずルームクリーニングや壁クロス貼り替え、床フローリング貼り替え、エアコン清掃・交換、消耗品交換などの原状回復工事が必要になります。しかしこれらの賃貸運営関連業者のコミュニケーションを直接つなぐサービスがありませんでした。また、業務フローにおいても、不動産管理の基幹システムでは担保できない領域となっており、多くの不動産管理会社は複数のExcelファイルや業務ツールにまたがって業務管理を行っているのが実情でした。

こうした背景を踏まえて、不動産賃貸管理会社が普段頻繁にやり取りする賃貸運営関連業者とのコミュニケーションを効率化するために生まれたのが「GMO賃貸DX 業者さんアプリ」というわけです。

原状回復工事のフェーズを管理し、賃貸運営関連業者と管理会社の業務効率化を支援

「GMO賃貸DX 業者さんアプリ」は、原状回復工事で発生する業務を見える化し、一元管理して業務効率の向上を可能にします。

【特徴1】工事・案件管理機能で工事やタスクのフェーズを一元管理

不動産管理会社は、原状回復工事にまつわるタスクを業者さんアプリの管理画面上で一元管理できます。従来、原状回復工事のタスク管理は、複数のExcelシートや業務管理ツールなどをまたいだ運用管理が行われており、連絡の抜け漏れやステータス管理の遅延が発生しやすい業務の1つでした。
 (4348)

本アプリを活用することで、不動産管理会社はアプリ上でリアルタイムにタスク状況の更新・確認ができるようになります。各案件の業務状況については社内の複数人で確認ができるため、抜け漏れの防止も期待できます。またこれらは、単に業務を効率化するだけでなく、業務管理による心理的負担・作業負担から担当者を解放することにつながり、ひいてはスムーズな入居募集開始が可能となります。

【特徴2】見積り・報告書作成機能で、賃貸運営関連業者と管理会社の業務効率化を支援

アプリ上から工事業者への見積り依頼・発注が可能です。従来、不動産管理会社はさまざまな業者から異なるフォーマットで提出される報告書や見積書を集約した上で、不動産管理会社のフォーマットに作成し直し、入居者へ郵送・FAXする作業を行っていました。

本機能を使うことで、入居者向けの報告書・見積書を簡単に作成できるようになります。将来的には、「GMO賃貸DX オーナーアプリ」にデータを連携し、オーナーへの報告も同時に行えるとのことです。
 (4350)

【特徴3】スマホの写真撮影・登録機能で、原状回復作業の状況をオンタイムで確認可能に

管理会社が依頼する工事の作業者は、写真撮影・登録機能を使って、オンタイムで原状回復の作業にまつわる写真データを共有できます。従来の業務では、工事業者はデジタルカメラで撮影したデータをパソコンにアップロードし、工事完了報告書を作成する作業があるため、オーナーへの報告作業や入居者への請求作業に時間がかかっていました。今後は、オンタイムで写真がアップロードされるため、業務効率化が可能となります。
 (4352)

【特徴4】「GMO賃貸DX」各アプリと連携することで、不動産賃貸に関するあらゆる業務のDXを実現!

不動産賃貸管理会社は、「GMO賃貸DX」ブランドで提供する3つのアプリを連携して利用することによって、入居者からの修繕依頼や退去の立会い、オーナーへの見積もり提出、賃貸運営関連業者とのコミュニケーションなど、3つのステークホルダーとの業務についてDXを推進できるようになります。

「GMO賃貸DX」によるワンストップ化で賃貸運営がさらに効率的に!

不動産管理会社にとって、オーナーと入居者との円滑なコミュニケーションの実現は日々の運営や信頼関係の構築などにおいて重要な役割を占めています。一方で、入居者の退去から原状回復、さらには設備の改修やリフォームなども含めた賃貸運営関連業者とのコミュニケーションも、業務効率化において非常に重要になります。

今回の「GMO賃貸DX 業者さんアプリ for 原状回復」の提供開始によって、不動産管理会社は不動産オーナー、入居者、賃貸運営関連業者の三者との緊密なコミュニケーションと関係性構築の実現が可能になり、“不動産賃貸DX”のベースが出来上がりました。不動産オーナー、入居者、賃貸運営関連業者それぞれとのやり取りをワンストップで管理したい、より関係性を強化したい、さまざまな書類をペーパーレス化したいという不動産管理会社に、注目のサービスなのではないでしょうか。

ranking

  • 1
    サムネイル

    話題の「Google Pixel 6」を1カ月使ってみた! 女性ライターによる超私的レビュー

  • 2
    サムネイル

    世界に1点のバンクシー「花束を投げる暴徒」、東京・渋谷「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」で公開!

  • 3
    サムネイル

    教えて、どうして半導体が不足しているの?(品不足編):テクニカルライター・笠原一輝さんに聞く

  • 4
    サムネイル

    教えて、どうして半導体が不足しているの?(基礎編):テクニカルライター・笠原一輝さんに聞く

  • 5
    サムネイル

    渋谷で働く・住んでる人なら食べてほしいグルメ3店舗保存版!

  • 1
    サムネイル

    話題の「Google Pixel 6」を1カ月使ってみた! 女性ライターによる超私的レビュー

  • 2
    サムネイル

    テイクアウト可能! バインミーが美味しい山手線沿線駅近店3選!

  • 3
    サムネイル

    前提知識不要でサクッと楽しい!「バンクシー展 世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」に行ってみた

  • 4
    サムネイル

    「音声入力」と「ミニキーボード」で、子どもを抱いたままの書類作成が可能に

  • 5
    サムネイル

    教えて、どうして半導体が不足しているの?(基礎編):テクニカルライター・笠原一輝さんに聞く

  • 1
    サムネイル

    前提知識不要でサクッと楽しい!「バンクシー展 世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」に行ってみた

  • 2
    サムネイル

    一番美味しくおもちを食べられるのはどれだ?100均電子レンジ調理器4種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    話題の「Google Pixel 6」を1カ月使ってみた! 女性ライターによる超私的レビュー

  • 4
    サムネイル

    「NISA」「iDeCo」知ってる?使ってる?利益は? infoQが年代別・年収別投資状況を調査

  • 5
    サムネイル

    テイクアウト可能! バインミーが美味しい山手線沿線駅近店3選!

internet for you.