「書を求めに、町へ出よう」──本と偶然出会えるアプリ『taknal』を2カ月間使ってみた!

大人になった今、本をすすめるのも、すすめられるのも苦手

人に本をオススメするのって勇気がいりませんか? 私の場合「これ、おもしろいよ。読んでみて」って無邪気にためらわず人に本を差し出せたのは22歳まででした。「私がおもしろい」という喜びだけで他人となんの疑いもなく繋がれた日々は、学生時代で終わったなーと思います。

なぜなら、社会人になってライフステージや考え方の異なるいろんな人と出会えば出会うほど、「本を読むって個人的なこと」と感じるようになったからです。それに、そもそも仕事で知り合った程度の人に「読んで」って実用書以外を差し出されたら、私だって一瞬ひるみます。

だって、そういったシーンにおける主役は「本」そのものではなく「本をすすめてくれた人」になりがちだからです。私はどうしても「人」に意識が行ってしまう。そんなに「人」のこと知りたいですか? 私はお腹いっぱいです。

でも本当は、本とは出会いたいんです。だから時々本屋に足を運んで、気になった本を手に取ります。Amazonやヨドバシドットコムだって便利で重宝していますが、あれらはバイネーム(指名)で買うときに輝くサービスなんですよね。本屋や図書館が持つランダム性が私は好きなんです。

ですから、コロナ禍によって一時的に本屋も図書館も閉まったとき、本との出会いのチャンネルは簡単に途絶えてしまうのだなあと、とてもショックを受けました。

前置きが長くなりました。

今回ご紹介するアプリ『taknal(タクナル)』は、こんな屈折した本好きである私に、新しい「本との出会い」の場をくれました。私が「さわってほしくないところ」には手を出さない、とても繊細で不思議なアプリです。

利用料は無料で、よくあるアフェリエイト的な収益も発生してませんし、このアプリが何から収益を得て運営しているのかは今のところ謎。ユーザーは、ただただ「この本いいよ!」という気持ちだけを携えて街を歩けばよいのです。taknalのおかげで私は本と出会えました。
 (1828)

たとえばこちらの『血も涙もある』。山田詠美さんが今年の2月に出した新刊です(新刊が出ていたのを私はこのアプリで知りました)。

「人」よりも「本」とすれ違うアプリ

taknalを実際に使ってみると、本当に「本」ありきのSNSだとわかります。

アプリをインストールしたもの同士がすれ違うと、そのユーザーがおすすめする本が私のタイムラインに表示されます。
 (1832)

見知らぬ本の表紙が毎日たくさん現れます。ほんと、この世にはいったい何冊の本があるんだろう……(おそらく一度に表示される本の数は制限されています。たとえ200冊以上と出会ったとしても、ほどほどの数がタイムラインに上がってきます)。

もし、タイムライン上で読みたい本を見つけたら「ハート」をタップします。そうすると私の「読みたい本」として登録されます。

本の詳細を見ると、おすすめした人の感想を読むこともできます。

で、もしもその本が苦手なら「バツ」をつけることができますが、私はまだ誰の本にも「バツ」をつけていません。ほんと見飽きない。

ちなみに、私は主に本の表紙とあらすじだけを見ています。気が向いたら他のユーザーの書いた感想を読んで「へえー」と思います。このくらいの濃度で誰かと関わるのが好きなんです。
きっと私がおすすめした本も誰かのタイムラインに表示されているんでしょうね。ってことで、おすすめしたい本を登録するために「マイページ」を充実させましょう。
 (1834)

16 件

ranking

  • 1
    サムネイル

    インターネットとの出会い、ウェブメディア編集者としての思い i4U編集長×編集主幹対談【第1回】

  • 2
    サムネイル

    気になる製品を気軽に試せる! 家電の“サブスク”に注目

  • 3
    サムネイル

    リモートワークにオススメ!コンビニご飯でPFCバランスを考えたカロリーコントロール

  • 4
    サムネイル

    専門家・ビジネスパーソンへのインタビューを安価・手軽にできる「MOビジネスインタビューパネル」

  • 5
    サムネイル

    【第1回】マイクラを子供も安全にマルチプレイ! マルチサーバーを初心者でも10分で全自動構築する方法

  • 1
    サムネイル

    気になる製品を気軽に試せる! 家電の“サブスク”に注目

  • 2
    サムネイル

    インターネットとの出会い、ウェブメディア編集者としての思い i4U編集長×編集主幹対談【第1回】

  • 3
    サムネイル

    バンクシー作品「風船と少女」が渋谷に──「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」

  • 4
    サムネイル

    Steam運営のValveが手掛けるポータブル型PC「Steam Deck」はゲーム業界にパラダイムシフトを引き起こすか

  • 5
    サムネイル

    ベストセラー書籍「一冊の手帳で夢は必ずかなう」が154円で買えるセール開始!

  • 1
    サムネイル

    気になる製品を気軽に試せる! 家電の“サブスク”に注目

  • 2
    サムネイル

    ランチで世界の子どもを支援! GMOの「TABLE FOR TWO」メニューに込められた想い

  • 3
    サムネイル

    バンクシー作品「風船と少女」が渋谷に──「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」

  • 4
    サムネイル

    Steam運営のValveが手掛けるポータブル型PC「Steam Deck」はゲーム業界にパラダイムシフトを引き起こすか

  • 5
    サムネイル

    インターネットとの出会い、ウェブメディア編集者としての思い i4U編集長×編集主幹対談【第1回】

internet for you.