eスポーツ選手を目指す子どもに、親が選ぶべき「ゲーミングPC」は?

スペックの差による有利不利、実際はどう?

では、スペックの違いによってどういった有利さが生まれてくるのでしょうか。

1つ目は画面の表示です。多くのゲーム専用機ではゲームを画面表示するリフレッシュレートは60fpsです。しかし、ハイスペックマシンやPCの場合だと120fpsやそれ以上のリフレッシュレートで表示できます。リフレッシュレートが高くなると動きが滑らかになり、相手の動きが良く見えるようになります。

『Fortnite』の場合、PlayStation 4だと60fpsでの表示になりますが、PlayStation 5だと120fpsでの表示となります。PCの場合、高性能なグラフィックボードを積んだハイエンドゲーミングPCであれば、144fps、240fpsでの表示も可能です。

ゲーム端末のリフレッシュレートが高くなれば当然、モニターの表示能力も対応したものが必要となります。PlayStation 5であれば120Hz対応、ゲーミングPCであれば144Hzもしくは240Hz対応のモニターが必要です。

またテレビに接続してプレイしている場合も、対応リフレッシュレートを確認しておきましょう。ほとんどが60Hz対応なので、モニターは別途用意する方がオススメです。また、モニターはリフレッシュレートだけでなく、応答速度も重要。端末から受け取った信号を画面に表示させるまでの時間です。これにタイムラグがあるとワンテンポ遅れて表示されることになり『Fortnite』のようなゲームでは致命傷です。これは1msec以下のモニターを選ぶ必要があります。

ゲーム専用機よりもハイスペックであることが多いPCですが、当然PC自体にもスペック差があり、これによって快適さも変わってきます。『Fortnite』の配信元であるエピックゲームスが、プレイするためのPC要件を公式サイトに記載しています。『Fortnite』がプレイできる最低限のスペックである最小要件、普通にプレイするのに支障がでない推奨要件、最高峰を目指す最高要件の3つが例として挙げられています。
 (2831)

●最小要件
CPU内蔵GPU:Intel HD 4000、Intel Iris Pro 5200
CPU:Core i3-3225 3.3GHz
RAM:4GB
OS:Windows 7/8/10 64-bit

●推奨要件
GPU:Nvidia GTX 960、AMD R9 280、または同等のDX11対応GPU
VRAM:2GB
CPU:Core i5-7300 3.5GHz
RAM:8GB
OS:Windows 10 64-bit

●最高要件
GPU:Nvidia GTX 1080、AMD Radeon RX5700XTまたは同等のGPU
VRAM:4GB以上
CPU:Intel Core i7-8700、AMD Ryzen 7 3700xまたは同等のCPU
RAM:16GB以上
ストレージ:NVMe SSD
OS:Windows 10 64-bit

また念の為、Respawn Entertainmentが開発し、エレクトロニック・アーツが配信する『APEX Regends』が公開しているPCの必要・推奨動作要件も書いておきます。

●必要動作環境
GPU:Nvidia GeForce GT 640/Radeon HD 7730
GPU RAM:1GB
CPU:Intel Core i3-6300 3.8GHz/AMD FX-4350 4.2GHz
RAM:6GB
ストレージ:22GB以上の空き容量
OS:Windows 7 64ビット版

●推奨動作環境
GPU:Nvidia GeForce GTX 970/AMD Radon R9 290
GPU RAM:8GB
CPU:Intel Core i5 3570Tおよび同等品
RAM:8GB
ストレージ:22GB以上の空き容量
OS:Windows 7 64ビット版
 (2833)

『Fortnite』と人気を二分するバトルロワイヤル系シューティングゲーム『APEX Legends』。マシンスペックとしては『Fortnite』よりも若干上の性能が求められます
ここに挙げられたPCの価格イメージは、最小要件は10万円以下、推奨要件は20万円以下、最高要件は20万円以上といったところです。またこの価格にはモニターやゲーミングマウス、ゲーミングキーボードは含んでいないので、これらも同時に購入する場合は、さらに数万円上乗せされます。

リアルな運動競技での小学生の徒競走用のシューズに、これら端末の条件を例えると、低スペックなゲーム専用機や低価格のスマートフォンは一般的な運動靴、ハイスペックゲーム専用機や高級スマートフォンはアキレスの瞬足シリーズ、ゲーミングPCは陸上用スパイクといったレベルの違いがあります。さらに言えば、陸上用スパイクにもエントリーモデルからプロ仕様まで用意されています。

足の速さが同じであれば、当然、瞬足やスパイクを履いた方が有利になりますから、大会で勝ちやすくなります。

他にも、ゲーミングマウスやゲーミングキーボードなども、プレイに大きく影響します。つまり思った以上にゲームの勝敗はマシンに左右されると言えるでしょう。ゲーミングキーボードは、普通のキーボードとは打鍵感が違い、キーの連打などハードな使用にも耐えられるタフな作りになっているほか、複数キーの同時押しにも対応しています。ゲーミングマウスはマウスの動きを検知するセンサーの解像度が高く、より細かい操作ができます。シューティングゲームだと、ちょっとの違いでエイム(射撃の狙い)の差が出てしまうため、勝敗に大きくかかわってきます。

とはいえオフライン大会の一部では、運営が会場に用意したゲーミングPCを使い、全ての参加者が平等な条件でプレイすることもあります。しかし低スペックゲーム専用機とハイエンドゲーミングPCでは、同じタイトルでも違うゲームと言えるほど、プレイ感も変わってきます。

普段からゲーミングPCでやり慣れているプレイヤーと、普段とは異なる環境でプレイせねばならないプレイヤーだと、当然、やり慣れているプレイヤーの方が有利です。

ですので、大会で使用されているスペックのPCを基準のひとつにするのもいいでしょう。

あとは回線速度です。オンラインゲームでは、通信環境が安定しないWi-Fiではなく、有線での接続を推奨しています。NintedoSwitchの場合、基本がWi-Fi接続なので、ここでも不利な要因の1つになると言えます。

町内会や学校内で野球やサッカーを楽しむ程度であれば、使用する道具もそれなりのものでも良いと同じように、ゲームはあくまでも趣味で、楽しむモノとするのであれば、そこまで道具にこだわる必要はありません。

ただ、小さい頃からリトルリーグやジュニアユースなどに参加し、将来はプロを目指すと言うのであれば、道具も一定以上の品質のものが必要となってきます。ゲーム機はどれも一緒とか、道具の差は腕で補えるといった、根拠に欠ける意見は一度見直してみる方が良いでしょう。

子どもに素質があり、親もそれを買い与えられる状況にもかかわらず、親の知識不足が子どもたちの成長の妨げとなるのはもったいないので、ある程度の基準の用具を取り揃えてあげたいところです。
14 件

ranking

  • 1
    サムネイル

    【宅トレ】まずはストレッチから始めてみよう! なんだかんだ続けてしまうワークアウト動画

  • 2
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 3
    サムネイル

    ウォン・カーウァイが帰ってくる! 無力なマニアが4K修復版に気づき、夢見た劇場公開

  • 4
    サムネイル

    最近はやりの「メタバース」を理解するための映画5選

  • 5
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 1
    サムネイル

    【宅トレ】まずはストレッチから始めてみよう! なんだかんだ続けてしまうワークアウト動画

  • 2
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 3
    サムネイル

    目からウロコ!おうちの隅で眠っている「古いスマホ」の活用法

  • 4
    サムネイル

    ウォン・カーウァイが帰ってくる! 無力なマニアが4K修復版に気づき、夢見た劇場公開

  • 5
    サムネイル

    FC琉球がGMOコインを通じてプロスポーツクラブ初となるIEO(暗号資産発行)による資金調達を実施!

  • 1
    サムネイル

    今ある家電にプラスするだけ、2022年版、スマートホームを実現する方法

  • 2
    サムネイル

    【宅トレ】まずはストレッチから始めてみよう! なんだかんだ続けてしまうワークアウト動画

  • 3
    サムネイル

    「マルトマ食堂」二代目店主が破格の海鮮丼を作り続ける理由

  • 4
    サムネイル

    目からウロコ!おうちの隅で眠っている「古いスマホ」の活用法

  • 5
    サムネイル

    最近はやりの「メタバース」を理解するための映画5選

internet for you.