「モテ」は意外に身近にあった!女性受けがよく、モテる趣味とは?

中野 亜希

Specialグルメスポーツライフスタイル本・書籍
「恋人がほしいけど、出会いがない。合コンや紹介もうまくいかないし、やっぱりアプリをやるしかないのかな……」。なかなか彼女ができないという男性が、よくこんな話をするのを耳にします。しかし、「モテたい」「出会いがない」ときに頼れるものは、本当にマッチングアプリだけなのでしょうか?

一方、私の周りの女性たちは、口をそろえてこう言います。「既婚者じゃない良い男性って周りにいっぱいいるし、出会えるよ!」と。そして、そんな人たちとの出会いは、身の回りで、趣味を通じて生まれているようです。出会いやすく、デートにもつなげやすい趣味とは何なのか? 女性たちに聞いてみました。

グルメ・お酒

「私は食べることが好きだし、30歳過ぎたら、いつ死んでもおかしくないと思って生きてきました(笑)。だから毎食おいしいものを食べたいんです。食に興味のない男性とは、付き合ってもうまくいかないと思います。なので、おいしいものを食べに行く誘いには男女問わずよく乗ります。カレーや焼き鳥などを食べるB級グルメツアーに、最初は複数人で出かけていたけど、グループ内の気の合う男性とお付き合いすることになったこともあります」(34歳・女性)

「引っ越したらまずやるのが『家から徒歩圏内で、独りで飲めるバーやビストロを探す』こと。約束しなくても、そこに行けば誰か顔見知りがいるようなお店があるといいですよね。近所の友達もできるし、出会いも増える」(32歳・女性)

誰かと仲良くなりたいときは、一緒に食事をするといいと言われています。コロナ禍によって減ってしまった外食の機会が、最近はまた増えてきたという人も少なくないのでは?

食べることが好きな女性は多く、ご飯デートは誘うハードルが低いのもいいですね。食に関する趣味を、男性の「モテ」につなげるには、「女子グループでは行きにくいジャンルを攻める」「食を通じた出会いを増やす」といったあたりがポイントになるでしょう。

カレーや焼き鳥といったB級グルメなどは、「すぐ食べ終わってしまう」という理由もあって、女性同士の食事会ではあまり選択肢に上がらないことが多いです。しかし、短時間ゆえに身構えずに来てもらえるというメリットもあるので、おいしい店をいくつかストックしておくといいですね。食事は軽く済ませる前提で、近場の良いカフェやバーを探しておくと万全です。

また、「出会いがない」と言いつつ、近所での出会いはノーチェック……という人も少なくありません。しかし、地元の飲み友達つながりで恋人ができたという声は結構聞きます。都心に住んでいなくとも、近所の人が集ういい雰囲気の店というのは、どこの駅にも必ずあります。

「1人暮らしで、夕食はいつもチェーン店で済ませる」という人も、近場のお店を開拓してみては? 出会いを探してガツガツした態度は敬遠されますが、男女問わずゆるく飲み仲間としてつながるうちに出会いが増え、自然に恋人ができるのはよくあることのようですよ。

なにより、食やお酒の趣味が合うというのは、付き合い始めた後も良好な関係を続ける上で重要なポイントです。

読書

「好奇心旺盛で、知識欲の高い男性が好きなので、恋人になる人には読書の習慣を持っていてほしい……。本屋デートで、面白い本を教えてもらえたら、と思います」(29歳・女性)

「Instagramで、読書アカウントを運営しています。読んだ本のレビューを、ハッシュタグ付きで投稿すると反応をもらいやすいし、自分の読んだ本のタグからほかの人のアカウントをめぐることも。そんな中、DMで話すうちに男性と仲良くなったり、読書会などを通じて人と出会うことも増えました」(34歳・女性)

恋人を作るにあたって「本を読むかどうか」で男性をフィルタリングしている女性は結構いるようです。彼女たちは男性に「教養」「人間的な深み」「人としての面白さ」を求めていることがほとんどですが、中には「新刊を定期的に買って読めるような男性は、精神的にも経済的にも余裕があるはずだから」という人もいました。

さて、一見インドアの極みと思える読書ですが、そこにInstagramが加わると、出会いが広がる可能性がぐっと高まります。投稿につける「いいね」やコメントからつながりが生まれたり、Instagramで開催の告知をしている読書会に参加するのが主流のようです。フォロワーが少ないアカウントでも、投稿にハッシュタグをつければ、そこから見に来てくれる人が増えます。読んだ本に関する人気のハッシュタグをつけて投稿しましょう。本を通じて人と出会うことが、意外なほどハードルが低いのを実感できると思います。

ただし「出会いたい」という気持ちを最優先に行動するのはおススメできません。「好きな本の投稿にコメントしてくれたから、本の話をしたくてDMでやり取りしていたのに『ネットで人と会うの、抵抗ある?』『会って話したほうが楽しくない?』としつこくされて、最終的にはその男性をブロックした」という話も複数の女性から聞いています。

「読書そのものや、投稿の作成が楽しい。出会いはそのオマケ」的な余裕のある態度で臨むほうが、結果的に男女問わず楽しい人間関係が広まるはずですよ。

ジム関連

「恋人にするなら、自己管理ができている人がいいから、体を鍛えている人しか好きになったことがないです。自分もボディメイクを頑張っているので、かっこよく鍛えている人にはいろいろ教えてもらいたいです」(27歳・女性)

「近所のボルダリングジムに通っています。みんな淡々と登っているので、積極的に話しかけて友達を作ることは考えていませんでしたが、上手な人のことは気になって観察します。同じジムにいればお互いのレベルはなんとなくわかる感じです。ある日、私がそれまでクリアできなかったコーナーをクリアしたときに、拍手してくれた男性がいました。その人は私が『上手だな』と思っていつも見ていた人だったので、それ以来、急に意識してしまっています。女性からでも食事などに誘っていいものか、迷い中です」(33歳・女性)

筋トレ、ボルダリング、はたまたヨガなど、何らかのジムにおいての出会いはやはり多いようです。男女問わずボディメイクをしている人は多く、合コンなどでも「鍛えてるの?」から始まる会話もありますよね。「スタイルのいい人が好き」という動機はもちろんですが、「忙しい中、時間を作ってジム通いをできる人が持つストイックな一面が好き」という理由から「ジム通いしている人」を恋人選びの条件とする人も多いです。

内面のストイックさが鍛えられた肉体に出るという意味で「見た目は内面の一番外側」を主張する人もいました。実際にお付き合いが始まってからも、ボディメイクしている者同士の恋愛は「食の管理」「規則正しい生活」といった生活面が似ていて、長く一緒にいてもストレスが少ないのだそう。

ジム通いをしていると、自然と出会いは増えると思います。しかし、まじめに筋トレに励んでいる女性に、出会い目的でガツガツと声をかけるのはおすすめできません。むしろ、ストイックにボディメイクや課題に励むうちに、女性から憧れのまなざしを向けられることが増えてくるはずですよ。

ペットを飼う・動物をめでる

「同じ犬好きだと信頼感があります。散歩中の出会いもありますし、マッチングアプリで、近所の犬好きの男性とマッチングして、お互いの犬も含めて公園デートしたことも。犬の話でお互いに喜んだり心配したりする中で親しみが湧きますし、犬への接し方からある程度の価値観もわかる気がしますね」(36歳・女性)

「私はペットを大切にしているので、動物が苦手な人とは付き合えないですね。だって、そういう人と長く一緒にいるのは絶対ムリでしょ。男性と出会ったら、本気になる前に必ずチェックする最重要ポイントです」(30歳・女性)

「1人暮らしなのでペットは飼えないけど、本当は猫が大好き。恋人と一緒に猫カフェに行ったり、もし一緒に住むことがあれば、2人で猫を飼えたら……などと妄想します。猫カフェ通いをSNSに投稿するような男性はあまり見ないので、なかなかそういう人は見つけられていませんが」(26歳・女性)

ペットを飼っている方や飼える環境にあるなら、ペットの散歩や飼い主同士が集まるコミュニティなどでの出会いを求めてみるのもアリかもしれません。愛するペットの話を通じて親近感や共感が生まれますし、ペットの飼い方からは飼い主の価値観や生き方も浮かび上がるので、お互いの理解も早く深めることができるといった声もしばしば聞きます。

生き物を前にしたときの物腰からは、普通に接しているとき以上にその人の人柄が感じられます。女性は動物の相手をする男性のそんな姿に興味を引かれ、話をしてみたいと思うようです。

ペットが飼えないけれども動物は大好き、という人なら、猫カフェなど動物と触れ合えるスポットに通ってみるのはいかがでしょうか。癒やしを求めて猫カフェに通い詰めているという女性は意外と多く、猫好きとして話をしているうちに自然に打ち解けた男性と、今では一緒に通っているというケースも。

また、ペットの話に限りませんが、SNS投稿を通じて同じ趣向の人とつながる女性は多いようです。好きなモノやコトに関する投稿を積極的にしてみるのは、良質な出会いへの第一歩とも言えそうです。

「好きなことに没頭する」のが近道

マッチングアプリなどで痛い目を見ているのは、女性も同じです。「趣味を通じて、信用できる人を好きになれたら……」というのは、女性サイドの望みでもあります。しかし、「趣味で出会う」と言っても、好きじゃないことをやるのは本末転倒だし、趣味を隠れミノにしたナンパと思われてしまえば、その先はありません。自分がもともと好きなことの中で、まずは人として仲良くなるのを目指しましょう。

一見遠回りに見えますが、アプリなどで品定めされることに疲れたまじめな女性からは「信用できる」と思われ、距離が近づきやすいメリットもあります。そのときには「どう声をかけるか」ではなく、「声をかけられる存在になる」ことを考えるのがポイント。女性たちから話を聞くうち、「自分が楽しむ」ことが、結果的には気の合う女性と親しくなるための近道になるのだと感じました。

中野 亜希

ライター・コラムニスト
大学卒業後、ブログをきっかけにライターに。会社員として勤務する傍らブックレビューや美容コラム、各種ガジェットに関する記事執筆は2000本以上。趣味は読書、料理、美容、写真撮影など。 Twitter:@752019

ranking

  • 1
    サムネイル

    北海道人が納得の「個暖」アイテム4選、環境にも優しく暖房費もダウン!

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 4
    サムネイル

    コスパと消しゴムマジックがすごい!Google「Pixel 7」

  • 5
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 1
    サムネイル

    北海道人が納得の「個暖」アイテム4選、環境にも優しく暖房費もダウン!

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    大型音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」来年1月にさいたまスーパーアリーナにて開催決定! マシュメロ、LE SSERAFIM、ザ・チェインスモーカーズなどを第1弾アーティストとして発表

  • 4
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 5
    サムネイル

    いろんな人に喜んでもらえる、ふるさとへの東京とっておき土産8選

  • 1
    サムネイル

    話題のオートミール生活レシピ!和風仕上げがおいしい!白米と置き換えで9日間で2kg減

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    「ノンアルコール飲料」の最新事情、おすすめも

  • 4
    サムネイル

    北海道人が納得の「個暖」アイテム4選、環境にも優しく暖房費もダウン!

  • 5
    サムネイル

    “もらうだけ”で渋谷の子ども食堂を支援できるNFTが登場 渋谷区SDGs協会が無料配布を開始

internet for you.