飲食店など集客を向上させる「MEO」とは?

「Googleマイビジネス」を中心にさまざまな情報を最適化

では、具体的にどのような方策を行うのでしょうか。大澤氏によると、Googleの上位表示ロジックの優先順位は「Googleマイビジネス内の情報充実度」が25%、「外部からのリンク数」が18%、「レビュー」が15%、「オンページ」が14%、「サイテーション」が11%と続くそうです。
 (1611)

ローカルSEOにおける順位決定要因と、MEO Dash!の施策内容
「Googleマイビジネスの情報には店舗写真や商品リスト、メニュー、口コミなどがありますが、これらの基本情報の充実度が25%を占めています。これは最新情報を出すことが求められているというより、指定した検索キーワードに対して、店舗ビジネスのカテゴリーや投稿した情報などが、最適化されていることが重要です」(大澤氏)

2つ目の「リンク」は外部からのリンクのこと。「GoogleマイビジネスにURLを記載したウェブサイトへ、他のサイトからリンクされている数が、人気サイトの指標として評価される」のだそうです。

3つ目の「レビュー」は星付きの点数評価や口コミ評価のことで、大澤氏は「レビュー内のキーワードを元に、どういうサービスが提供されているかを解析して評価につなげます」と語ります。

4つ目の「オンページ」というのは、「GoogleマイビジネスへURLを記載したウェブサイト自体の最適化」なのだそうです。さらにウェブサイトのHTML(ホームページ記述言語)内に店舗の場所や営業時間、サービス内容などを記述する際、Googleに認識させやすくする「スキーマ」という記述方法があるといいます。

「店舗情報を『スキーマ』で記述していると、ウェブサイトをGoogleがクローリング(Webサイト情報を収集するための自動巡回)した時、このサイトはローカル性が高いと評価されやすくなるほか、そのサイトのGoogleマイビジネスページも特定され、マイビジネス内にもそれらの店舗情報が掲載されるようになります。その最適化作業が「オンページ」です」(大澤氏)

5つ目の「サイテーション」というのは、例えば飲食店の場合は「ぐるなび」や「Retty」などのポータルサイトとGoogleマイビジネスの情報との整合性のこと。「それぞれの媒体で整合性がないとユーザー体験が損なわれてしまうため、ここも重要になります」(大澤氏)

成果にコミットするMEOサービス「MEO Dash! byGMO」

MEO自体は、Googleマイビジネスのオーナーになれば誰でも無料でできますが、実績に基づいたMEOサービスを提供しているのがGMO TECHの「MEO Dash! byGMO」です。

年額39万6000円で4キーワードのMEO対策を行う「プラン36」、年額49万5000円で6キーワードに対応する「プラン45」、年額59万4000円で8キーワードに対応する「プラン54」を用意しています。
 (1615)

MEO Dash!は、3つの料金プランからなる
キーワード数というのは「成果にコミットするキーワードの数です」と大澤氏は語ります。

「いくら運用していても、検索した時にファーストビューへ掲載されないとインプレッション数(閲覧回数)が上がりませんし、そもそもユーザーに見付けてもらえません。ユーザーに見付けてもらうためには間口を広げないとなりませんので、まずはそのために施策を行っていくイメージです。検索順位を上げられる施策を導入してしっかり運用していれば、集客につなげられます」(大澤氏)

MEO Dash!では、「MEO Dashboard」と呼ばれるツールを用いて、店舗の担当者が店舗情報を修正したり、口コミに返答したりできます。

GMO TECH側はこうした情報を最適化するために、「基本情報や投稿にどのようなキーワードを入れればいいのか、お客様のレビューに対してどのように返信すればいいのかなどについてアドバイスを行います」と大澤氏は語ります。

「口コミ返信代行」というサービスでは、お客から投稿された口コミに対しての返信文章をGMO TECH側が代行作成し、店舗側の確認を経てから投稿することも行っています。

「投稿に関しては、お客様に素材やキャンペーン内容などをいただいてから、弊社でクリックされやすいようなクリエイティブを作成し、最適化された文章を作成して投稿する流れになっています」(大澤氏)

ポータルサイトに対するGoogleマイビジネスの重要性が上昇中

では、MEOによって集客向上につながるのはどういったビジネスなのでしょうか。

「飲食店など、地域にたくさんある業種の方が集客に貢献しやすいですね。その他の業種なら歯科医院や鍵交換業者など、とにかく今営業しているところを探したい緊急性の高いカテゴリー、また飲食店などのように近くで探したい考えやすいカテゴリーは、基本的に効果があると思います。特におすすめなのは地域のクリニックや飲食店、美容室など、たくさんのお客様や患者様が来られるビジネスですね」(大澤氏)

上記のような店舗は従来、ポータルサイトのレビュー評価を見て来店の意志決定をしていたユーザーが多かったのですが、最近ではGoogleマイビジネスの評価を見て意志決定するユーザーが増えてきているそうです。
クックビズ調べ (1619)

グルメサイトの利用状況推移
「一般的なポータルサイトは、投稿の自由度やリアルタイム性が高くないことが多いのですが、Googleマイビジネスはユーザーが写真を撮って投稿したり、『ここはランチの時間空いてるよ』というような投稿ができるので、SNSのようにUGC(ユーザー生成コンテンツ)としての機能を持っている点が特徴ですね」(大澤氏)

年額で支払うとなると、どれだけ効果があるのか気になる方も多いと思いますが、すでに利用しているユーザーはどのような問題意識を持っているのでしょうか。

「店舗オーナー様は、さまざまなチャネルを活用して集客を工夫されている方が多いです。SEO施策を導入したことがある他、リスティング広告、ディスプレイ広告の出稿経験はあるものの効果があまりなかったとか、一般的な集客媒体は導入や利用の経験がおありです。また店舗ビジネスだと、同様にチラシや折り込み、看板などのローカルマーケティングを行っている方もたくさんいらっしゃます。ただ一方で、これらの既存の集客チャネルは効果を可視化しにくいという問題があります」(大澤氏)

確かにチラシや折り込みを入れても、それによってどれだけの効果が得られたのかは数値化が難しいですが、「Googleマイビジネスの場合は全部データで出ます」(大澤氏)と語ります。

「スマホで検索した場合、電話ボタンを何回クリックされたとか、経路検索が何回されたといったデータが可視化されます。ほかの集客媒体だと、例えば電話1回で2000円といった費用がかかって高いのですが、Googleマイビジネスは費用対効果を感じやすいため選ばれる方が多いです」(大澤氏)
 (1621)

リスティング広告に比べて効果が高いという
ポータルサイト検索よりも注目度が増しているGoogleマイビジネスですが、実際に検索してみると、その情報が最適化されている店舗が意外に少ないことに気付くと思います。新型コロナウイルス禍でさまざまな店舗が打撃を受けている中で、今最も取り組むべき施策の一つがMEOなのかもしれません。
24 件

ranking

  • 1
    サムネイル

    インターネットとの出会い、ウェブメディア編集者としての思い i4U編集長×編集主幹対談【第1回】

  • 2
    サムネイル

    気になる製品を気軽に試せる! 家電の“サブスク”に注目

  • 3
    サムネイル

    リモートワークにオススメ!コンビニご飯でPFCバランスを考えたカロリーコントロール

  • 4
    サムネイル

    専門家・ビジネスパーソンへのインタビューを安価・手軽にできる「MOビジネスインタビューパネル」

  • 5
    サムネイル

    【第1回】マイクラを子供も安全にマルチプレイ! マルチサーバーを初心者でも10分で全自動構築する方法

  • 1
    サムネイル

    気になる製品を気軽に試せる! 家電の“サブスク”に注目

  • 2
    サムネイル

    インターネットとの出会い、ウェブメディア編集者としての思い i4U編集長×編集主幹対談【第1回】

  • 3
    サムネイル

    バンクシー作品「風船と少女」が渋谷に──「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」

  • 4
    サムネイル

    Steam運営のValveが手掛けるポータブル型PC「Steam Deck」はゲーム業界にパラダイムシフトを引き起こすか

  • 5
    サムネイル

    ベストセラー書籍「一冊の手帳で夢は必ずかなう」が154円で買えるセール開始!

  • 1
    サムネイル

    気になる製品を気軽に試せる! 家電の“サブスク”に注目

  • 2
    サムネイル

    ランチで世界の子どもを支援! GMOの「TABLE FOR TWO」メニューに込められた想い

  • 3
    サムネイル

    バンクシー作品「風船と少女」が渋谷に──「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」

  • 4
    サムネイル

    Steam運営のValveが手掛けるポータブル型PC「Steam Deck」はゲーム業界にパラダイムシフトを引き起こすか

  • 5
    サムネイル

    インターネットとの出会い、ウェブメディア編集者としての思い i4U編集長×編集主幹対談【第1回】

internet for you.