GMOインターネットグループと東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野が「生成AI を活用した人間の老化細胞の特定と臨床応用に関する共同研究」を開始

安蔵 靖志

AIGMOインターネットグループテクノロジー
GMOインターネットグループは、国立大学法人東京大学医科学研究所の癌防御シグナル分野(中西真教授)と、生成AIを活用して人間の老化細胞のシグナルを解き明かすことを目的とした「生成AIを活用した人間の老化細胞の特定と、臨床応用に関する共同研究」を2023年10月1日に開始したと発表しました。

本研究では、生成AI技術を活用し、中西研究室が持つ細胞内の遺伝子発現量に関する貴重なデータを解析し、すでにマウスで成功している「老化細胞の選択的除去」を人間へ応用することを目指していきます。人間の老化細胞を解明し、取り除けるようになれば、人類の「健康寿命」を延ばし、人間が若返ることも期待されます。

「老化細胞」研究の内容とGMOインターネットグループの役割

GMOインターネットグループは、2010年代から機械学習や深層学習などのAI技術を用いて課題解決に取り組んできました。現在では、AIに関する組織として、データサイエンティスト、機械学習エンジニアを擁する「グループ研究開発本部AI研究開発室」を設置しています。グループ横断の事業やプロジェクトにおいて、グループが有する膨大なビジネスの実データを用い、データサイエンスチームとして技術支援・開発・解析などを行いビジネスの成功を支援しています。またAIスタートアップ向けに高性能GPU「NVIDIA H100」搭載サーバーなどのホスティングサービスも行っています。

GMOインターネットグループと東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野が共同で実施するのは、中西研究室が取り組むマウスの老化細胞研究を人間に応用するための研究です。中西教授は、老化の原因となる老化細胞の研究で、これまでにマウスの老化細胞を除去する方法(『Science』15 January 2021「Senolysis by glutaminolysis inhibition ameliorates various age-associated disorders」)や、既存の癌治療薬が老化細胞を取り除くことを発見する(『Nature』2 November 2022「Blocking PD-L1–PD-1 improves senescence surveillance and ageing phenotypes」)といった成果を挙げており、老化に関する研究で世界の最前線で活躍されています。

今後、この研究では、これまでにマウスで証明された成果を、どのように人間に応用するかという点がポイントになります。そのためには、マウスと人間の細胞内の遺伝子の機能の違いを特定し、人間の各細胞内に関する大量のデータの解析が必要です。さらに老化細胞の特定には、マウスと人間の細胞内の遺伝子の共通性を見つけ、これが一般の老化細胞で見つかるのか、それとも細胞の種類ごとに見つかるのかを解析していく必要があります。

GMOインターネットグループと東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野は、ヒトゲノム解析センタースーパーコンピューター「SHIROKANE」や高性能GPU「NVIDIA H100」搭載サーバーを活用し、中西教授の研究室が保有する大量のデータの解析を共に進めます。それにより、マウスと人間の遺伝子の機能の違いを特定し、AIモデルの構築とマッピングを実施することで人間の老化メカニズムの解明を目指します。

老化細胞の選択的除去が可能になれば、加齢現象・老年病・生活習慣病の改善・治療法の開発につながることが期待でき、医学における重要なブレイクスルーとなります。そして、人間が健康な状態で生活することができる「健康寿命」を延ばすと期待されている重要な研究です。

今回の共同研究開始にあたり、GMOインターネットグループ グループ代表の熊谷正寿氏と、東京大学医科学研究所 癌防御シグナル分野の中西真教授は次のようにコメントしています。

「GMOインターネットグループは創業以来、インターネットで社会をより便利に・豊かにすることに取り組んできました。その原動力は『お客様を笑顔にする』という強い信念です。そんな中、中西教授が取り組まれている老化細胞の研究に出会いました。中西教授が所長を務める東京大学医科学研究所は、革新的な研究や優秀な科学者の育成により、国内だけでなく世界の医学界においても重要で大きな影響力を持っています。今回、私たちのスーパーエンジニア・データサイエンティストチームが、高性能ハードウェアを駆使して、中西教授の保有する研究データの分野別生成AIによる解析にご協力させていただきます。本研究により、人類が長く健康で幸せに暮らせる社会、そして、私たちが目指す『すべての人の笑顔』の実現に貢献してまいります」(熊谷氏)

「東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野では、これまで個体老化機構の解明と老化の予防や改善を目指して、老化細胞の解析を中心に研究を進めてまいりました。マウスモデルを用いた一細胞解析データーをもとに、GMOインターネットグループの持つAI技術を駆使することで、ヒトの老化細胞を同定し、これを制御することで老化を予防・改善する技術や、多様な老年病の発症を予防する技術の開発を目指します」(中西氏)


GMOインターネットグループは、これまでビジネスの現場で培われた実践的なAI技術を研究に役立て、東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野と共に生命科学の発展に貢献し、結果として人類の笑顔を作り出すことを目指していく予定です。

安蔵 靖志

Techジャーナリスト/家電エバンジェリスト
家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout デジタル・家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にレギュラー出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの商品リサーチ・構成にも携わっている。

ranking

  • 1
    サムネイル

    AIでこんなことできたら!? が現実に!GeminiとGoogleマップの連携が便利!

  • 2
    サムネイル

    いろんな人に喜んでもらえる、ふるさとへの東京とっておき土産8選

  • 3
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 4
    サムネイル

    新聞紙でごはんが炊ける「魔法のかまどごはん」を実際に試してみた!

  • 5
    サムネイル

    Googleの最上位AIモデル「Gemini Ultra」が登場!早速試してみました

  • 1
    サムネイル

    Googleの最上位AIモデル「Gemini Ultra」が登場!早速試してみました

  • 2
    サムネイル

    AIでこんなことできたら!? が現実に!GeminiとGoogleマップの連携が便利!

  • 3
    サムネイル

    お手頃価格でパソコン周りが快適に! コストパフォーマンス抜群の買って良かったデスク周り商品4選

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    明日から使える!効率良く手書きメモを取るための8つのコツ

  • 1
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 2
    サムネイル

    全部試した!1食250kcalの「マイサイズ」で一番おいしいのは?

  • 3
    サムネイル

    Googleの最上位AIモデル「Gemini Ultra」が登場!早速試してみました

  • 4
    サムネイル

    時間泥棒を卒業し、仕事をうまく回す!「コミュニケーションコスト」を削減する方法

  • 5
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

internet for you.