これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」、第1弾出演アーティストを詳しく解説!

10月7日、GMOインターネットグループは、2023年1⽉28日・29日の2日間、さいたまスーパーアリーナにて、大型音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」を開催することを発表した。

GMOインターネットグループが、これまでにない「No.1」の音楽フェスティバルと位置付け、日本のユースカルチャー・音楽シーンの発展に貢献したいとする今回のフェスティバルは、日本発の大型音楽イベントとして、日本文化を世界に発信するためにさまざまな趣向が取り入れられる予定だ。また各種イベント開催を取り巻く仕組みについても、GMOインターネットグループが持つ技術を結集させるとのことで、イベントに関わる人々の利便性向上も期待されている。

そんなGMO SONIC 2023では、“これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル”という触れ込みどおり、いきなり強力すぎる第1弾出演アーティストのラインアップを発表した。

まず、初日のヘッドライナーを務めるのが、覆面DJのポップスター・マシュメロであることに驚きと興奮を覚えた人は少なくないだろう。またこの日は日本でも高い人気を誇るスティーヴ・アオキやアラン・ウォーカーといったEDMスターたちに加え、HKT48やIZ*ONEのメンバーとして活躍した宮脇咲良も所属するガールズK-POPグループ・LE SSERAFIM(ルセラフィム)らの出演が決定している。

初日から盛り上がり必至のGMO SONIC 2023。出演するアーティストとは、一体どんな人物で経歴の持ち主なのだろうか? 第1弾発表アーティストのラインアップを詳しく見ていこう。

EDMとメインストリームポップスの二刀流で数多の記録を樹立してきたマシュメロ

謎めいた覆面に身を包んだ姿で知られるマシュメロは、アメリカ出身のDJ/プロデューサー。多彩なシンセとベースを使いつつ、グルーヴを重視した音楽スタイルが特徴で、主にダンスフロアに向けたフューチャー・ベース/トラップを得意としている。また、ヒットチャート上位を席巻するメインストリームのポップスも得意としており、これまでに世界中のトップアーティストたちとも数多くのコラボ曲を制作している。

中でもセレーナ・ゴメスとの『Wolves』(2017年)、アン・マリーとの『FRIENDS』(2018年)は、マシュメロのキャリアを語る上で外せないヒット曲だ。そして、最大のヒット作となったのがイギリスのバンド、バスティルとの楽曲『Happier』だ。2018年に発表された同曲は全米、全英チャートでともに2位を記録するなど、商業的にもマシュメロに成功をもたらした代表曲であり、ファンの間でも人気が高い。

また、ダンスミュージックの専門メディア「DJ Mag」が毎年発表している人気DJランキング「DJ Mag Top 100」でもマシュメロは常連ランカーだ。そのほかにもフォーブス誌による「世界で最も稼いだDJランキング」では2019年に2位を獲得するなど、収入面でもトップクラスの実績を持つ。そんなマシュメロの人気は音楽業界だけにとどまらず、ゲーム業界にも広がっており、2019年に人気ゲーム『フォートナイト』で史上初となるバーチャルライブを行った際には、推定1000万人が同時参加するという記録的な成功を収めている。

Marshmello ft. Bastille - Happier (Official Music Video)

“パーティーモンスター”という異名で知られるスティーヴ・アオキ

2000年代から世界的に活躍しているスティーヴ・アオキは、アメリカの鉄板焼きレストランチェーン「BENIHANA」の創業者であるロッキー青木を父に持つアメリカ出身の日系DJ/プロデューサー。1996年に設立した自身のレーベル「Dim Mak」は、スティーヴ・アオキの人気上昇とともに成長し、2000年代以降はダンスミュージックシーンの名門レーベルとしての地位を確立している。

10月に発表された今年の「DJ Mag Top 100」では昨年より順位を伸ばし、7位をマークするなど、世界的な人気を誇るDJだが、来日回数も多く、これまでにさまざまな国内の音楽フェスやクラブイベントに出演。両腕を水平に伸ばし両足をガニ股に開いてジャンプする、通称“アオキ・ジャンプ”や、ステージから観客にケーキを投げるパフォーマンスでよく知られ、会場を熱狂的に盛り上げる“パーティーモンスター”という異名を持つ彼のパフォーマンスを楽しみに出演イベントに参加する日本のファンも多い。

アーティストとしては、2012年のデビューアルバム『Wonderland』がグラミー賞にノミネートされたほか、さまざまなクラブ業界の業界賞を受賞した経歴を持つ。そんな彼の近年の代表曲といえるのが、世界的な人気を持つK-POPグループBTSとのコラボ曲『MIC drop (Steve Aoki Remix) 』(2017年)だ。同曲のオフィシャルMVは、YouTubeで12億回以上再生されるほどのヒット曲になっている。

また最近では、いち早くNFTの可能性に目をつけた音楽業界におけるNFTのパイオニアとしても知られる。独自にメタバースと現実世界をつなぐことをコンセプトにしたコミュニティ「A0K1VERSE」を立ち上げるなど、積極的に自身の活動にWeb3テクノロジーを取り入れている。

BTS (방탄소년단) 'MIC Drop (Steve Aoki Remix)' Official MV

楽曲&MV累計再生回数500億越えを誇る、アラン・ウォーカー

イギリス生まれ、ノルウェー育ちで現在25歳のアラン・ウォーカーは、楽曲&MV累計再生回数500億、YouTube総再生回数100億、SNS累計フォロワー数1億2000万人、YouTubeで最もフォローされているアーティスト9位という記録を誇る(2021年5月時点)、EDMシーンを代表する若手DJ/プロデューサーだ。

その活躍はキャリア初期から華々しく、2015年にリリースしたシングル『Faded』は、ドイツやスウェーデン、スイス、オーストリアの年間チャート1位を記録したほか、全英週間シングル・チャートとビルボードのホット・ダンス/エレクトロニック・チャートでもトップ10入りを記録。また2018年のデビューアルバム『Different World』もビルボードのホット・ダンス/エレクトロニック・チャートで2位を獲得している。

若手でありながらも、その音楽性は世界中のトップアーティストにも認められており、これまでにコールドプレイ、ブルーノ・マーズ、シーアらのリミックスも担当。2022年9月からは自身最大規模となるツアー「WalkerVerse Tour 2022」を開始したほか、近日発表予定の最新アルバムに先行して、同年6月に最新EP『Walkerverse Pt. 1』をリリースしたことも記憶に新しい。

Alan Walker - Faded

宮脇咲良も所属するガールズK-POPグループの第4世代最注目株、LE SSERAFIM

LE SSERAFIMは、BTSなどが所属する事務所「HYBE」初のガールズグループだ。2022年5月に1stミニアルバム「FEARLESS」でデビュー。元IZ*ONEの宮脇咲良(Sakura)とキム・チェウォン(Kim Cheawon)をはじめ、ホ・ユンジン(Huh Yunjin)、カズハ(Kazuha)、ホン・ウンチェ(Eunchae)の韓国人3人、日本人2人で構成され、K-POPのガールズグループとしては第4世代にあたる。

7月にデビュー直後から休養していたメンバーのキム・ガラムが脱退するなど、グループとして試練に直面するも、10月には2ndミニアルバム『ANTIFRAGILE』をリリースした。試練に直面するほどさらに成長し強くなるというメッセージを盛り込んだ同作は、メンバーたちのストーリーが織り込まれた歌詞のほか、中毒性の強い音楽やパワフルなパフォーマンスが調和した作品になっており、韓国国内外のファンの心をつかんだ。その結果、11月5日付のビルボードのアルバムチャートでは14位を獲得している。

これによりLE SERAFIMは、デビューからわずか半年でビルボードのアルバムチャートに名前を載せるという快挙を達成。K-POPガールズグループ史上、最短期間でビルボードのアルバムチャートにチャートインしたグループとなった。今後、韓国国内だけでなく、グローバルでのさらなる活躍が期待されるK-POPシーンきっての注目株だ。

LE SSERAFIM (르세라핌) 'ANTIFRAGILE' OFFICIAL M/V
30 件

Jun Fukunaga

ライター・インタビュワー
音楽、映画を中心にフードや生活雑貨まで幅広く執筆する雑食性フリーランスライター・インタビュワー。最近はバーチャルライブ関連ネタ多め。DJと音楽制作も少々。

ranking

  • 1
    サムネイル

    最大2万円分が付与されるマイナポイントの利用率や使い道の実際を5000人にアンケート

  • 2
    サムネイル

    「GMO SONIC 2023」に次世代K-POPグループ、&TEAMとKep1er出演決定! EDMだけじゃないその魅力に迫る

  • 3
    サムネイル

    冷食のプロ厳選5品!業務用冷凍デザート。コンビニスイーツよりもおいしい?

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    眠い、だるい、やる気が出ない──「ちょっとしんどい時」の応急処置

  • 1
    サムネイル

    最大2万円分が付与されるマイナポイントの利用率や使い道の実際を5000人にアンケート

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    「GMO SONIC 2023」に次世代K-POPグループ、&TEAMとKep1er出演決定! EDMだけじゃないその魅力に迫る

  • 4
    サムネイル

    冷食のプロ厳選5品!業務用冷凍デザート。コンビニスイーツよりもおいしい?

  • 5
    サムネイル

    これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」、第1弾出演アーティストを詳しく解説!

  • 1
    サムネイル

    本当に釣れるの? ダイソーの釣り用品を購入! 実際に釣りに行った釣果は?

  • 2
    サムネイル

    眠い、だるい、やる気が出ない──「ちょっとしんどい時」の応急処置

  • 3
    サムネイル

    これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」、第1弾出演アーティストを詳しく解説!

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    最大2万円分が付与されるマイナポイントの利用率や使い道の実際を5000人にアンケート

internet for you.