コスパと消しゴムマジックがすごい!Google「Pixel 7」

池 紀彦

Specialゲームスマートフォンライフスタイル使ってみた
筆者は現在、会社から貸与されている「iPhone12 mini」をメイン端末として使いつつ、個人用にはAndroid端末を使ってきました。スマートフォンにはあまりお金をかけたくない筆者。直近では3年前くらいのソニー製フラッグシップモデル「Xperia 1」を中古で2万円で購入し、使っていたのです。

それがなぜか、現在はGoogleの最新スマートフォン「Pixel 7」を使っています。「Pixel 7」はGoogleが10月13日に発売した最新スマートフォンで、公式サイトでの販売価格はストレージ容量256GBで9万7900円。なぜ今回、筆者が「Pixel 7」を購入したのか、その経緯も含めて紹介していこうと思います。

こんなに安く買えちゃうの?

いきなり結論から言ってしまうと「Pixel 7」を購入した理由はズバリ、「圧倒的コスパ」です。Googleが提供した「Pixel 7」の3つの値引き施策は、いずれも10月16日までの期間限定の施策でしたが、筆者はそのコスパの高さにひかれました。

1つ目の施策はGoogle ストアのメール登録者に対して10%引きのクーポンを発行するというもの。割引がかなり簡単に適用できたので、シンプルに好印象だったのは間違いないです。

Googleストアに登録しておくと届く「Pixel 7」購入用のプロモーションコード。現在は利用不可だが、こちらを購入時に入力するだけで簡単に10%割引きが適用された

2つ目は下取りです。Googleが提示した条件をクリアした筆者の「Xperia 1」の査定額はなんと2万4200円。さらにさらに直接の値引きとは異なりますが、3つ目の施策として、Google ストア内で1年間利用可能なストアクレジットが2万1000円分も追加されます。
 
つまり9万7900円の「Pixel 7」が、上記の割引などを適用すると、プロモーションコードによる10%の9790円、下取り価格の2万4200円、ストアクレジット分の2万1000円を合わせた5万4990円が差し引かれ、実質価格は4万2910円相当となります。半額以下にまで下がったこの価格を見て、思わず購入を決意してしまった筆者の気持ちがご理解いただけますでしょうか。

下取り金額は驚異の2万4200円! 3年前発売のかなり古い端末だと思っていたが、まだまだ需要はあるのかも? もちろん正式な査定で金額低下の可能性もあるので油断は禁物だ

なお、Googleでは最大6万1500円の下取り価格まで設定があったようですので、ハイスペックの新しい端末を所持していれば、実質無料に近い価格まで下げられた可能性もあったようです。

1年間の有効期限付きだが、Google ストアで利用可能なストアクレジット2万1000円分が追加される。Google HomeやWatchの新製品を買う場合などに役立ちそう

ただし、1点だけ不安要素もあります。この記事の執筆時点では下取りの正式な査定額が出ていないのです。Twitterなどを見ていると、当初の査定額から大幅に減額されてしまった事例もあるようなので、この点は要注意といえます。

Pixel 7」本体が到着してから数日後、遅れて下取りキットが到着する。初期化した本体のみをこの箱に入れ、後は箱に付属シールで封をして、伝票を貼ってポストに投函するだけと、送付作業自体はシンプル

今回地味に困ったのがケース選び。Googleストアで購入可能な純正ケースを選ぶのも手だが、筆者はアラミド繊維(風?)ケースが好きなのでこちらをチョイス

「Pixel 7」の真骨頂!手軽な写真加工が魅力の「消しゴムマジック」のミラクル

筆者が「Pixel 7」を購入したもう1つの理由は、同シリーズに搭載されている独自機能。Googleが開発したこれら機能の一部はAndroidスマートフォン全てで使えるわけではなく、「Pixel」シリーズにしか搭載されていません。そのうちの1つが画像加工機能で、「Pixel」で撮影した写真の中に写り込んだ人など不要な物を簡単になかったことにできてしまう「消しゴムマジック」があるのですが、これを試してみたかったからです。
  
先日ランチに出た際に意図的にわざと人が写り込むような写真を撮った上で、早速消しゴムマジックを試してみたのですが、これが衝撃でした。撮影した写真を開いて「消しゴムマジック」を選択すると、アプリが写真の奥に写ってしまっている、別のお客さんたちを自動で削除対象として認識してくれるのです。あとはアプリの指示にしたがうだけで、通常では煩雑な手順が必要な、人の映り込みを簡単に削除できてしまいました。

サンプルその1。奥の中央と左の席に2組のお客さんが写りこんでいる。ピントが合っておらずボケているので顔などは確認できないが……「存在そのものが邪魔なんだよね……」(中2っぽい言い回し)

機能を使うには写真をプレビューして「編集」を押す。下部のメニューから「ツール」を選択して最後は「消しゴムマジック」を選択すればOKだ。すると画像のように自動で消去対象を認識してくれるので、画面の指示通りに「すべてを消去」を選択することで、これらが削除される

「消しゴムマジック」発動後の写真がこちら! 上記の操作だけで、手軽にあっという間にできてしまう点が魅力だ

手動でやる場合でも、写真の上からざっくりと削除したい対象をぐるっと指で囲む操作だけで瞬時に削除してくれます。あまりに快適すぎて、一度慣れたら元に戻るのが大変なほどの圧倒的な神機能です。これは人間をダメにしますね。
 
ただし「消しゴムマジック」も万能ではありません。例えば今回、写真に写るコップを手動で削除してみたところ、コップ自体はきれいに消失しました。しかし、その背景となる木目調のプレートについては、忠実に再現しようと努力の跡はうかがえるのですが、プレートの端が若干違和感の残る形状になってしまいました。

それでも、この写真をいきなり見た人がすぐに感じるほどの違和感ではなく、じっくりよく見た時に不自然さを感じる程度の違和感に留めているあたりは、さすが「マジック」です。

プレート内のコップもいらないので消してみようと手動で操作。このように画面上をタッチ操作でなでるだけで簡単に消せる

消してみたところ。一見するとあまり違和感はないのだが、よく見ると、明らかに不自然な加工跡が見えてしまっている

33 件

池 紀彦

ゲーム&ガジェットライター
自ら触れて得た体感を形にする兼業ライター。ソフトウェア事業のディレクションと検証を行なう傍ら、パソコン雑誌編集部やAV機器メディア編集部を経て得た経験を活かし、パソコン、ガジェット、ゲーム、おもちゃなどのレビューを日夜各所で執筆。ThinkPadと程よい懐古物を好み、懐かしのゲームやパソコン、アニメ、漫画などをこよなく愛します。「やってみた」には定評あり。Twitter:@norihiko

ranking

  • 1
    サムネイル

    北海道人が納得の「個暖」アイテム4選、環境にも優しく暖房費もダウン!

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 4
    サムネイル

    コスパと消しゴムマジックがすごい!Google「Pixel 7」

  • 5
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 1
    サムネイル

    北海道人が納得の「個暖」アイテム4選、環境にも優しく暖房費もダウン!

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    大型音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」来年1月にさいたまスーパーアリーナにて開催決定! マシュメロ、LE SSERAFIM、ザ・チェインスモーカーズなどを第1弾アーティストとして発表

  • 4
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 5
    サムネイル

    いろんな人に喜んでもらえる、ふるさとへの東京とっておき土産8選

  • 1
    サムネイル

    話題のオートミール生活レシピ!和風仕上げがおいしい!白米と置き換えで9日間で2kg減

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    「ノンアルコール飲料」の最新事情、おすすめも

  • 4
    サムネイル

    北海道人が納得の「個暖」アイテム4選、環境にも優しく暖房費もダウン!

  • 5
    サムネイル

    “もらうだけ”で渋谷の子ども食堂を支援できるNFTが登場 渋谷区SDGs協会が無料配布を開始

internet for you.