GMOインターネットグループ、国連主催の国際会議「インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023」へ出展

安蔵 靖志

GMOインターネットグループイベントセキュリティ
“すべての人にインターネット”を合言葉にインフラ、広告、金融、暗号資産事業を展開するGMOインターネットグループは、2023年10月8日~12日まで京都市で開催された国際連合主催の国際会議「インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023」(以下、IGF京都2023)に初出展しました。

IGFでは、インターネットが社会にとって不可欠なインフラとなった一方で課題となっているセキュリティや通信環境、リテラシー、ガバナンスなどについての議論が行われました。世界各国のインターネットに関わる政府関係者、事業者、利用者など多くの人が来場するなか、GMOインターネットグループはグループの強みであるセキュリティ事業とその技術をブースで紹介しました。

【イベント概要】
イベント名称:インターネット・ガバナンス・フォーラム京都2023
主催:国際連合
会期:2023年10月8日~12日
会場:国立京都国際会館 イベントホール

インターネットに関するあらゆる課題について議論するIGF

IGFは、インターネットに関するあらゆる課題について、国連主催のもとで多様な関係者が対等な立場で対話を行うインターネット政策の分野で最も重要な国際会議の一つです。2006年の第1回会合以降毎年開催されています。第18回となる今回は京都市で開催され、政府、民間企業、学術界などからの多くの参加がありました。

今回の会合では、全体テーマとして“Internet We Want – Empowering All People -”(私たちの望むインターネット -あらゆる人を後押しするためのインターネット-)、サブテーマとして「1.AI・先端技術」「2.インターネットの分断回避」「3.サイバーセキュリティ、サイバー犯罪、オンラインの安全性」「4.データガバナンス・トラスト」「5.デジタルデバイド・包摂性」「6.グローバルデジタルガバナンス・協力」「7.人権及び自由」「8.持続可能性・環境」の8つが掲げられました。

国立京都国際会館で行われたIGFには、世界各国から参加者が訪れました

世界にGMOインターネットグループのセキュリティを紹介

GMOインターネットグループは、人の暮らしと産業を支えるインターネットの基盤となる「ドメイン」「サーバー」「EC支援」「決済」「セキュリティ」など、なくてはならないインフラを幅広く提供しています。なかでも「セキュリティ」事業は、インターネットがあらゆる産業において不可欠になり、IoTデバイスやEC・キャッシュレス決済の普及、AIツールの急速な広がりなどに伴って重要性がさらに増しています。

そこでIGFへの出展では、GMOインターネットグループの強みである3大セキュリティ事業と技術を紹介しました。

IGF京都2023のGMOインターネットグループブースの様子

サイバーセキュリティ

GMOサイバーセキュリティ byイエラエは、国内最大規模のホワイトハッカーによるサイバーセキュリティのプロフェッショナルカンパニーです。展示ブースでは、社内の脆弱性調査・研究チーム「チームGMOイエラエ」の、国内外のセキュリティコンテストなどにおける実績の紹介などを通じて、ホワイトハッカーの技術力を説明しました。またドローンやeVTOL(空飛ぶクルマ)の通信や機体の脆弱性診断を行うサービス「GMOサイバーセキュリティ for Drone/eVTOL」について、ドローンを展示して脆弱性診断の概要を説明しました。

暗号セキュリティ

GMOグローバルサインは、電子認証サービスが登場し始めた1996年にベルギーでサービス提供を開始した第三者認証局(インターネット上での取引で暗号化通信などを行う際に必要となる電子証明書を発行する機関)です。展示ブースでは、通信の暗号化によりセキュアな通信を行う過程を紹介し、GMOグローバルサインの技術力や、通信の暗号セキュリティの重要性などを説明しました。

ブランドセキュリティ

GMOブランドセキュリティは、ブランド侵害リスクに対してインターネットを中心に監視サービスや権利行使のサポートを行っています。展示ブースでは、GMOブランドセキュリティのドメインネーム、商標、ブランドの管理など、各種ブランドセキュリティ事業を紹介しました。


5日間の会期中には日本の閣僚や国会議員のほか、60を超える国や地域の政府関係者など延べ約1300人がブースを訪れました。GMOインターネットグループのブースでは、来場者に日本の文化を感じてもらえるように、オリジナルの風呂敷や、京都市の観光名所などがプリントされたポストカードを配布しました。また日本の伝統文化を継承している舞妓さんとの交流機会を設けたとのことです。

ブースでは舞妓さんとの交流機会を設けたほか、日本文化を感じられる風呂敷やポストカードを配布

今年で第18回を迎えたIGFは、国連が毎年さまざまな都市を選定して開催するカンファレンスですが、コロナ禍にあたる2020年の第15回は完全オンライン、2021年の第16回からはオフラインとオンラインによる同時開催形式になっています。2024年の第19回はサウジアラビア・リヤドで開催されるとのことです。オンラインも同時開催となるかはまだ定かではありませんが、インターネット・ガバナンスの発展に関する国際的な動向や政策について関心のある方は、ぜひご注目ください。

安蔵 靖志

Techジャーナリスト/家電エバンジェリスト
家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout デジタル・家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にレギュラー出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの商品リサーチ・構成にも携わっている。

ranking

  • 1
    サムネイル

    「AIで未来を創る」GMOインターネットグループが生成AIの活用推進で目指すもの

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 4
    サムネイル

    生成AI、課金するならどれ?どう使いこなす?

  • 5
    サムネイル

    今日からできる、「なんかいいな」と思わせる写真の撮り方

  • 1
    サムネイル

    AIで高齢者の買い物支援を—— GMOインターネットグループと香川県坂出市の挑戦

  • 2
    サムネイル

    「AIで未来を創る」GMOインターネットグループが生成AIの活用推進で目指すもの

  • 3
    サムネイル

    今日からできる、「なんかいいな」と思わせる写真の撮り方

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    8つのポイントをチェックして「エアコン節電」、正しく賢く、快適に使うには?

  • 1
    サムネイル

    今日からできる、「なんかいいな」と思わせる写真の撮り方

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    お手入れ簡単!プラスα機能が嬉しいサーキュレーター、家電エバンジェリストが選ぶ7品

  • 4
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 5
    サムネイル

    ネット時代の「深夜ラジオ」!?ポッドキャストの楽しみ方:鵜の目「鷹木」の目

internet for you.