KYGO、aespa、STEVE AOKIらが出演!圧倒的パフォーマンスに魅了されたGMO SONIC 2024 2日目レポート

Jun Fukunaga

GMOインターネットグループイベントクリエイター映画・音楽

初日に負けじと劣らない豪華ラインアップが集結した2日目

2024年1⽉27日・28日の2日間、さいたまスーパーアリーナにてGMOインターネットグループによる大型音楽フェスティバル「GMO SONIC 2024」が開催された。

GMO SONIC 2024 AFTER MOVIE DAY2
GMO SONIC 2024は、2023年に“これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル”として初開催された音楽フェスティバルの2回目。今年はイベントの初日となる27日に、“DANCE MUSICの天才”と称される世界的DJ/プロデューサーのZEDDがヘッドライナーを務めたほか、GALANTISやCHRIS LAKEといったDANCE MUSIC界のスターたちが出演。また世界的ポップスターのBLACK EYED PEASや昨年も出演したJO1、国民的人気を誇るヒップホップアーティストのKREVAといった国内音楽シーンの人気アーティストも出演した。

JO1、CHRIS LAKE、BLACK EYED PEASに熱狂! スケールアップして帰ってきたGMO SONIC 2024 初日レポート

イベント2日目となる28日は、EDMのサブジャンル“トロピカル・ハウス”の火付け役、KYGOがヘッドライナーを務め、STEVE AOKIやTIMMY TRUMPETといったEDMスターも登場。

また、次世代K-POPシーンを担うガールズK-POPグループ・aespaのほか、人気沸騰中の新人K-POPボーイズグループ、RIIZEが出演。国内からは累計再生回数1億回越えの特大ヒット曲「エジソン」で知られる水曜日のカンパネラ、世界を制した4人組の日本人ヒューマンビートボックスグループ・SARUKANIといった、初日に負けじと劣らない豪華なラインアップとなっていた。

さらにこの日は、世界を魅了する和太鼓演奏集団・DRUM TAOがタイムテーブル序盤と中盤に2度出演。和装姿の華やかなパフォーマーたちとともに生命力みなぎるダイナミックな和太鼓パフォーマンスを披露し、初日出演のTHE FACTORYに続いて「和」の要素を取り入れた演出が観客の目を奪った。

DRUM TAO

DJ中のトランペット演奏に会場が歓喜!有名な日本の音楽も多数プレイしたTIMMY TRUMPET

TIMMY TRUMPET

2日目のタイムテーブル前半は、独自の“EDM✕トランペット”スタイルで世界中の音楽フェスティバルで大人気のTIMMY TRUMPETと、次世代ガールズK-POPグループの中でも屈指の人気を誇るaespaのパフォーマンスが特に印象的だった。

音楽フェスらしい、アップリフティングな選曲で会場を大いに盛り上げたTIMMY TRUMPETは、ハードスタイル系のEDM曲とその系統でリミックスしたYMOの代表曲「ライディーン」やAdoの人気曲「唱」など、日本の有名曲を次々にフロアに向けて投下。また、自身のシグネチャーなパフォーマンスでもあるトランペット演奏も交えたDJプレイも披露した。

終盤にはDJブースに立ち、スモークガンからスモークを放出したほか、まさかの日本の国民的楽曲、加山雄三と谷村新司の「サライ」をプレイしながら日本国旗を振るなど、サービス満点のパフォーマンスで会場の心をわしづかみにした。

また、DJプレイのクライマックス直前にはVaundyの代表曲「怪獣の花唄」のハードスタイルリミックスでさらにもう一段階会場を盛り上げた。そして「愛してる、日本!」と叫んだ後に正真正銘の最後の曲として、AtmozfearsとSound Rushによる「Country Roads」をプレイし、エンターテイメント性満載のDJセットを締めくくった。

キレキレのダンスと圧倒的な歌唱力、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了したaespa

aespa

ライブ前から大きな歓声があがるなか、ステージに登場したaespaは、大ヒット曲「Next Level」でライブを開始。バックダンサーたちとともにキレキレのダンスを見せつけたあと、aespaは続けて「Illusion」「Better Things」を披露した。

3曲を終えた後のMCタイムでは、「GMO SONICには初めての出演ですが、私たちの代表曲である『Next Level』だけでなく、いろいろなスタイルの曲もいっぱいありますのでこれからずっと遊んでくださいね」「まだまだ盛り上がる曲はいっぱいあります。楽しんでください」「この寒い中でも、私たちのパフォーマンスで会場にいる皆さんを熱くします」と日本語でコメント。それに答えるかのように大きな声援が会場から上がると、バラード調の「Welcome To MY World」を歌い上げ、そのすさまじい歌唱力に会場は圧倒された。

また、アップリフティングなエレクトロハウス調の「Hold On Tight」披露時には花道に移動、鍛え上げられたパフォーマンスを間近で目撃できる絶好の機会となった。さらにここから曲のテンポが上がったことでライブの盛り上がりも加速。フェス仕様のEDM曲「YEPPI YEPPI」では、メンバーが2人ずつ、ステージの両脇に分かれて移動する場面も見られた。

人気曲「Spicy」が披露された後は2度目のMCタイムに突入。「最後は一番盛り上がる曲にしないとね!」と宣言し、代表曲の「Black Mamba」とヘヴィーなトラップ調の「Trick or Trick」を続けて披露、宣言どおりに会場を大いに盛り上げた。さらに「最後の曲です。一緒に歌ってください!」とファンに呼びかけ、人気曲「Drama」で白熱のステージを締めくくった。
19 件

Jun Fukunaga

ライター・インタビュワー
音楽、映画を中心にフードや生活雑貨まで幅広く執筆する雑食性フリーランスライター・インタビュワー。最近はバーチャルライブ関連ネタ多め。DJと音楽制作も少々。

ranking

  • 1
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 2
    サムネイル

    お風呂タイムが充実!100円ショップで買える防滴 Bluetooth スピーカー3種を比べてみた

  • 3
    サムネイル

    晩酌での束の間の多幸感は、サウナで置き換えできるのか

  • 4
    サムネイル

    逸品発見!100均電子レンジ調理器6選。焼き魚にだし巻き卵、マカロニまで!

  • 5
    サムネイル

    オンラインで買ってお店で受け取る、ユニクロの「店舗受取り」と「ORDER & PICK」が絶妙に便利で楽しかった

  • 1
    サムネイル

    晩酌での束の間の多幸感は、サウナで置き換えできるのか

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    割れないシリコーン製の美麗グラス「KINJO JAPAN E1」でビールがおいしい! ピクニックに行こう!

  • 4
    サムネイル

    アウトドアにも災害時にも! ライターやマッチ以外の火起こしツール4選

  • 5
    サムネイル

    スタジオジブリの映画『君たちはどう生きるか』で思い知った「ネタバレ」と「考察」の足かせ

  • 1
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 2
    サムネイル

    アウトドアにも災害時にも! ライターやマッチ以外の火起こしツール4選

  • 3
    サムネイル

    晩酌での束の間の多幸感は、サウナで置き換えできるのか

  • 4
    サムネイル

    JO1、CHRIS LAKE、BLACK EYED PEASに熱狂! スケールアップして帰ってきたGMO SONIC 2024 初日レポート

  • 5
    サムネイル

    2024年に立てた目標を確実に実現する7つの方法

internet for you.