「美しいもの」にこだわって──AI画像生成モデル「BRA」作者・Kai氏インタビュー

小泉 勝志郎

AISpecialインタビュークリエイター
筆者はこれまで、リアルな画像が作れるAI作画モデルの「BRAV5」を用いた画像生成について記事を書いてきました。

第1回「話題の画像生成AIで実写みたいな絵を作る!Stable Diffusionで「BRAV5」を使う方法
第2回「画像生成AIで思い通りの画像を作る!「BRAV5」を使いこなすプロンプトのコツ
第3回「プロンプトより簡単!「BRAV5」で“画像から画像を生成”するimg2imgのコツ

今回はこれまでの記事で取り上げてきた「BRAV5」の作者であるKaiさん(Xアカウント:@PleaseBanKai)に、インタビューを行いました。Kaiさんはシンガポール在住のAI作画モデルの製作者。アジア系女性の写実的なAI作画モデルに革命をもたらした人物です。

BRA(Beautiful Realistic Asians)とは

インタビューの前にあらためて、簡単に「BRA」について説明しておきましょう。BRAはBeautiful Realistic Asiansの略で、日本人をはじめとしたアジア人女性を美しく生成できるAI作画モデルです。

以下は、BRAのベースとなるAI作画モデルの「Stable Diffusion」で日本人の女性を出力したものです。プロンプトは「Japanese girl on street detailed face, photo, full color」。日本人が考えるビジュアルより、海外の映画で見るような日本人に近いです。

画像生成AI「Stable Diffusion」で日本人の女性を出力した例

2023年の2月ごろから写真風の日本人美少女を作れるAI作画モデルが流行するようになりました。フォト系AI作画の流行当初はアニメ調の雰囲気の作画モデルが人気でしたが、その流れを大きく変えたのがBRAです。

下の画像は先ほどのStable Diffusionと同じプロンプトを使い、BRAV4(Beatiful Realistic Asians V4)で生成したものです。

BRAV4で日本人の女性を出力した例

まるで芸能人のような女性を簡単に生成できるようになったのです。アニメ絵の雰囲気ではないアジア人女性を作れることで、BRAは大きな人気となりました。

5月には私の執筆記事でも用いたBRAV5がリリース。さらに画質が良くなっています

BRAV5での作例

BRAの更新のペースは早く、2023年7月にはBRAV6がリリース。以下の画像も同じプロンプトで出力したものです。

BRAV6での作例

2023年11月時点の最新版は10月にリリースされたBRAV7です。

BRAV7での作例

BRAV4のころは顔のバリエーションに「BRA顔」ともいえるような、一定の傾向があったのですが、BRAV7になると同じ美人でもさまざまな顔立ちが生成されるようになっています。

また、アジア以外の出身の女性を美しく出力できる「Beautiful Realistic Women」という生成モデルも、同じくKaiさんによって作成されています。

Kaiさんインタビュー

マルチリンガルのKaiさんは日本語も堪能で、インタビューは全て日本語で行いました。日本語でのインタビューは初とのことです。

Kaiさん(Xアカウント:@PleaseBanKai)

美しいものが好きだから美しさにこだわった

──PleaseBanKaiさん、本日はよろしくお願いします。

私の名前はKai(カイ)です。PleaseBanKaiというハンドルネームは「KaiをBAN(禁止、アカウント停止)してください」という意味のジョークです。以降Kaiと呼んでください。

──名前の話が出たので確認しますが、BRAの読みは「ビーアールエー」なのか「ブラ」なのかどちらでしょうか。OpenBRA(※)というモデルは「ブラ」と読みそうだし、「Beautiful Realistic Women」の略称はBRWですが、こちらは「ビーアールダブリュー」と読みますし。

どちらでもよいです。読みやすい方で読んでください。

※OpenBRA:BRAV4とBRAV5の間に作られたモデル

──確かにKaiさん自身、どちらの読みも使われていますね。個人的にBRAで一番衝撃を受けたのが「女の子がかわいい!」ということでした。Stable Diffusionそのままで生成されるアジア人の女の子とは、全然違うなと。

私もそう思います。BRA以前のモデルでは作ることができなかった、アジア人の美しい女性の画像を生成できます。私もアジア人の美しい女性を生成したかったし、現在私のモデルを使って多くの方が美しいアジア人女性の画像を生成して、それをSNSにシェアしてくれています。それは素晴らしいことですし、私もうれしいです。

──BRAの少し前に流行したフォト系モデルと違って、CGぽい雰囲気がないのに感動して以来ずっと使っています。

ありがとうございます。私は「美しい」ものが好きなので、BRAも美しいことにこだわっています。

──Kaiさんご自身はどんな人ですか。

アートが好きです。皆さんも同じだと思うんですが、美しいものを見たいんです。美しいというのは女性だけではなく、美術を見ることも絵を描くことも好きですし、ファッションも好きです。

そこにAIが入って、今まで夢だったいろんなことができるようになりました。AIによる絵も描けるし写真集もできる。

半分まで私が絵を描いて、それをStable Diffusionにimage2imageで与えて仕上げるようなこともできるし、逆にStable Diffusionで出力した絵を私が仕上げることもできる。AIを通じてより深く趣味を楽しめるようになりました。

私が美しいと思っているものをシェアできればという思いでBRAも作っています。BRAの活動もアーティストとしての活動と見てもらえるとうれしいです。

5万枚から10万枚に及ぶ学習画像は検索して選ぶ

──BRAを作成しようと思ったきっかけは何ですか。

先ほど話題に出ましたが、他のモデルでアジア人の美しい女性が生成できなかったのが一番のきっかけですね。Stable Diffusionにはまって、どんどん画像を生成していました。それでAIへの興味が深まり、2023年の3月くらいから自分でもモデルを作ってみようと始めました。

──美しいアジア人の画像を生成できるBRAですが、その秘訣は何でしょうか。

「とにかく簡単に美しいアジア人の女性を生成できる」ことがBRAのメインポイントなので、正直なところ秘訣を全部しゃべることはできません。ただ、プロンプトがシンプルで済むということは重視しています。

私がSNSにシェアしている画像も、シンプルなプロンプトで生成しているものです。皆さんも同じように設定すれば、同じように出力できます。

──画像集めには秘密があったりしますか。

特に秘密はなくて「photo beautiful Japanese woman posing」などで検索したものの中から選んでいます。

──写真選びのセンスもポイントかもしれませんね。学習画像は何枚くらいなのでしょうか。Discord上のBRAコミュニティでは、BRAV5のときで5000枚という記述もあったようですが。

もっと多いですね。今はもっと増えていて5万枚から10万枚はあると思います。枚数を数えていないので正確な数字ではないですが。

──BRAのバージョンアップの中で増減があったりするのでしょうか。

V5からバージョンが上がっても素材を減らすことはしていません。追加していくのみですね。それが今は5万枚から10万枚です。

──i4uの記事『画像生成AIで思い通りの画像を作る!「BRAV5」を使いこなすプロンプトのコツ』の中で「BRAで中高年の女性を出力したいときはクオリティタグをあまり付けない方がよい」ということを書いたんですよ。この中年女性のプロンプトにネガティブプロンプトとして「(worst quality:2.0)」を付けるとなんと若くなってしまうんです。例えば「worst quality」を付けて中高年女性の画像を学習させていたりするんでしょうか。
特にそういうことはやっていません。「worst quality」などのクオリティタグについては、元々のStable Diffusionのままです。BRAで学習させているのは、あくまでアジア人の美しい女性の写真です。言葉は悪いですが、若い女性だけでおばさんのデータは入っていません。

(それとは別に)一応「worst quality」の学習はやっていないわけではないのですが、それはアジア人の美しい女性の写真の中でもテクスチャー(質感)が悪い写真など、画質が悪いものに対して行っています。クオリティタグで若くなることは知っていますが、理由は不明です。

──以前「アジア人の美しい女性だけを学習させている」というツイートがありましたが、これは現在でもそうでしょうか。

はい、そうです。他の人種・民族も学習させたいとは思っていますが。
40 件

小泉 勝志郎

株式会社テセラクト 代表取締役社長
シニアプログラミングネットワーク代表
震災復興活動の中で海藻・アカモクをモチーフにつくったキャラクター「渚の妖精ぎばさちゃん」を運営。Appleの開発者カンファレンスに「81歳のアプリ開発者」として招待された若宮正子さんへの教育をきっかけに、高齢者向けのプログラミング教育にも力を入れ、現在はコミュニティ「シニアプログラミングネットワーク」を運営する。2023年3月「第1回AIアートグランプリ」において「渚の妖精ぎばさちゃん」をテーマにした漫画で準グランプリを受賞するなど、生成AIにも造詣が深い。

ranking

  • 1
    サムネイル

    他人の生きざまに触れると人生観が変わるかも!? ──独立系書店店主が選ぶ「自伝・ノンフィクション」5選

  • 2
    サムネイル

    「たこ焼き器」で作る“たこ焼き以外レシピ”は予想以上においしくて楽しい

  • 3
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 4
    サムネイル

    今日からできる、「なんかいいな」と思わせる写真の撮り方

  • 5
    サムネイル

    「現在も人が住んでいる、世界で一番古い都市ランキング」どこ?いつからあるの?

  • 1
    サムネイル

    他人の生きざまに触れると人生観が変わるかも!? ──独立系書店店主が選ぶ「自伝・ノンフィクション」5選

  • 2
    サムネイル

    「たこ焼き器」で作る“たこ焼き以外レシピ”は予想以上においしくて楽しい

  • 3
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 4
    サムネイル

    今日からできる、「なんかいいな」と思わせる写真の撮り方

  • 5
    サムネイル

    音楽ライターが厳選!レインポンチョからワンタッチテントまで、夏の野外音楽フェスで役立つ便利アイテム7選

  • 1
    サムネイル

    今日からできる、「なんかいいな」と思わせる写真の撮り方

  • 2
    サムネイル

    お手入れ簡単!プラスα機能が嬉しいサーキュレーター、家電エバンジェリストが選ぶ7品

  • 3
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 4
    サムネイル

    音楽ライターが厳選!レインポンチョからワンタッチテントまで、夏の野外音楽フェスで役立つ便利アイテム7選

  • 5
    サムネイル

    他人の生きざまに触れると人生観が変わるかも!? ──独立系書店店主が選ぶ「自伝・ノンフィクション」5選

internet for you.