minneが関節リウマチ啓発の目的で、指輪などのハンドメイド作品コンテストを開催

安蔵 靖志

GMOインターネットグループクリエイターソーシャルグッド
GMOペパボが運営する国内最大級のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)byGMOペパボ(以下、minne)」は、関節リウマチの早期発見を目指す疾患啓発プロジェクト「Ring Again(リングアゲイン)」と共同で「指輪で気づくきっかけ リングコンテスト by Ring Again」を開始しました。

「指輪で気づくきっかけ リングコンテスト by Ring Again」のWebサイト

「Ring Again」は、ディー・エヌ・エーの子会社でヘルスケア事業を展開するDeSCヘルスケアと中外製薬が共同で発足したプロジェクトです。本コンテストは関節リウマチの啓発を目的に毎年6月の「リウマチ月間」に合わせて開催し、関節リウマチの異変に気づくきっかけとして、「Ring Again」をイメージした指輪と指輪関連アイテムのハンドメイド作品を募集します。

違和感に気づきやすい「指輪」に注目

今回のコンテストを開催するきっかけは、minneのユーザー層と関節リウマチが発症しやすい層が近いことから実施が決まったとのことです。

minneは、幅広い世代が利用しているハンドメイドマーケットで、ユーザーの9割が女性、30~50代のユーザーが7割強となっています(2022年12月末時点)。

関節リウマチは、免疫の異常により関節に炎症が起こり、関節に痛みや腫れが生じる病気です。女性に起こりやすい病気で、働きざかりの30~50代での発症が多いことが分かっているほか、進行性のため早期発見と早期治療が大切です。

そこで「Ring Again」では、30~50代の人が日常生活の中で体の異変に気づけるように「指輪」に着目しました。指輪を毎日つけることで指の違和感やこわばりを見つけやすいことから、早期発見と早期治療につながることを目指して立ち上げたとのことです。

また、手先を使うハンドメイド作品の制作は、普段から指の状態に注目でき、違和感があれば早期に気づけるきっかけになります。そこでminneは、「Ring Again」と共同でのコンテスト開催を通じ、関節リウマチの啓発に貢献していくとしています。

コンテスト概要

「Ring Again」をイメージした指輪と指輪を楽しむためのアイテムの作品をminne上とTwitter上で募集し、応募作品の中からグランプリを含む3つの賞(26作品)を決定します。

●コンテスト名
指輪で気づくきっかけ リングコンテスト by Ring Again

●募集作品テーマ:
・リング部門:永く身につけたいリング作品を募る部門です。
・アイテム部門:リングを永く楽しむために、リングとともに使うアイテムの部門です。
(例)リングスタンド、リングケース、リングピローなど

●応募期間
2023年6月1日12:00~2023年7月18日23:59

●入賞作品発表日
2023年10月13日
 ※Webメディア「minneとものづくりと」で公開する記事内で発表


●応募方法
1.minneのWebサイトもしくはアプリから、応募する部門のハッシュタグを設定し、「展示品」として作品を登録
<部門別ハッシュタグ>
 リング部門:#指輪で気づくきっかけコンテストリング部門
 アイテム部門:#指輪で気づくきっかけコンテストアイテム部門
2.Twitterにて「#指輪で気づくきっかけリングコンテスト」をつけ、応募作品ページのURLとともに作品に込められたストーリーやポイントを投稿。
 ※「Ring Again」のコンセプトに合う作品であれば、すでにminneに出展している作品も両部門とも応募可能
※応募に際しては、販売ページとは別に展示品として作品登録が必要


●応募条件
・minneに作家・ブランドとして会員登録していること(新規登録の方も応募可能
・他の国内外のコンテストで未発表の作品であること(個人での発表済みの作品は可)
・指定のハッシュタグをつけて投稿すること
・minneのTwitterアカウントをフォローしていること
・コンテスト終了後に応募作品を販売できること
 ※応募点数の制限なし。1人何点でも応募可能


●各賞(計26点)
・グランプリ(各部門1点ずつ)
・準グランプリ(各部門2点ずつ)
・佳作(各部門10点ずつ)

●副賞
・「minneとものづくりと」内の結果発表ページでの紹介
・「minne byGMOペパボ」内の特集ページでの紹介


関節リウマチは手足の指や手首に関節の痛みや腫れ、朝のこわばりなどの症状が出ることが多く、進行すると関節の変形や機能障害などが生じるリスクがあります。日本リウマチ学会によると、原因は未だに解明されていませんが、遺伝的要因や喫煙、歯周病などの環境要因が関与する可能性があるとのことです。

今回のコンテストをきっかけに関節リウマチに対する認知が広がり、早期発見につながることを期待したいですね。

安蔵 靖志

Techジャーナリスト/家電エバンジェリスト
家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout デジタル・家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にレギュラー出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの商品リサーチ・構成にも携わっている。

ranking

  • 1
    サムネイル

    アウトドアにも災害時にも! ライターやマッチ以外の火起こしツール4選

  • 2
    サムネイル

    「たこ焼き器」で作る“たこ焼き以外レシピ”は予想以上においしくて楽しい

  • 3
    サムネイル

    「やっぱり電気だよね」乗って分かった、テスラ車のスゴさと課題:鵜の目「鷹木」の目

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    2024年ChatGPTとGoogle Bardはどうなる?生成AIの最新動向

  • 1
    サムネイル

    アウトドアにも災害時にも! ライターやマッチ以外の火起こしツール4選

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    2024年ChatGPTとGoogle Bardはどうなる?生成AIの最新動向

  • 4
    サムネイル

    JO1、CHRIS LAKE、BLACK EYED PEASに熱狂! スケールアップして帰ってきたGMO SONIC 2024 初日レポート

  • 5
    サムネイル

    「ひげ剃りケータイ」はなぜなくなった? スマホ時代にガラケーは生き残るのか

  • 1
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 2
    サムネイル

    独立系書店店主が選ぶ 「人に伝わる文章」が書けるようになる本5選

  • 3
    サムネイル

    JO1、CHRIS LAKE、BLACK EYED PEASに熱狂! スケールアップして帰ってきたGMO SONIC 2024 初日レポート

  • 4
    サムネイル

    2024年に立てた目標を確実に実現する7つの方法

  • 5
    サムネイル

    カンタンな質問力UPメソッドでChatGPTを使いこなそう

internet for you.