「minne byGMOペパボ」の累計流通額が1000億円を突破

安蔵 靖志

ECGMOインターネットグループクリエイター
GMOペパボが運営する国内最大のハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMOペパボ」は、累計流通額が1000億円を突破したことを発表しました。

minneは“国内No.1ハンドメイドマーケット”として2012年1月にサービス開始以降、「ハンドメイド=手芸」という従来のイメージを広げ、作家やブランドがより広域なジャンル・カテゴリーで活躍できるものづくり市場として進化・拡大させてきました。

ものづくり市場の拡大により、作家・ブランド数や作品数が継続的に増加。2023年5月末時点で87万件を超える作家・ブランドによる、1635万点以上の作品が販売される1000億円規模のハンドメイドマーケットへと成長しました。

食品、アンティーク・ヴィンテージなど販売可能な作品の多様化で流通額が拡大

minneは作家活動への支援を行う「CtoCハンドメイドマーケット」としてサービスの提供を開始しました。2019年7月には利用規約を改定し、「ものづくりへのこだわり」を前提として、メーカーやセレクトショップなど法人からの出品も可能になりました。また、食品、アンティーク・ヴィンテージ、デジタルコンテンツなど、取り扱い作品を拡充することで、幅広いジャンル・カテゴリーの作家・ブランドによる多彩な作品が集まり、より多くの人と作品、作家・ブランドとの出会いを創出しています。

コロナ禍が落ち着きを見せた2022年以降は、結婚式を開催する人が増加していることもあり、minneで「ウェディング」の検索が増加。注文金額も前年比125.6%と伸長しています。また、「アウトドア」も同様に伸長傾向にあり、注文金額が125.2%(同比)に伸長しました。これは、女性のソロキャンプを題材とした漫画やドラマが流行したことなどから、キャンプやアウトドアが身近なものになったことが影響していると考えられます。

minneにおける作家・ブランド数と作品数の推移

minneでの「流通額のカテゴリー構成比」の変化

作品を「売りやすい」、作品に「出会いやすい」ようにサービスを拡充

またminneでは、作家・ブランドと購入者がより安心して取引を行えるように、直接の金銭取引が不要な「エスクロー決済」を採用しています。さらに匿名配送への対応や、個人事業者の「特定商取引法に基づく表記」で所在地・連絡先の非公開を可能にするなど、作家・ブランド、購入者の個人情報を守るための取り組みを随時行っています。

一方、購入者に対しては、1635万点以上の作品の中から好みの作品に出合えるよう、ユーザーのニーズや時流に合わせてカテゴリーを拡充してきました。その結果、2012年のサービス開始当初は14個だった大カテゴリーは20個に、74個だった小カテゴリーは309個に増えています。またハッシュタグ機能、サービス画面のパーソナライズ化をはじめとする機能提供など、検索しやすい機能の提供と改善にも継続的に取り組んでいます。さらに、特集やオウンドメディア「minneとものづくりと」での季節や時事などに合わせた作品を紹介するコンテンツ提供により、トレンド情報の発信も行っています。

オウンドメディア「minneとものづくりと」のWebサイト

2023年3月には、作家・ブランドがSNSでの宣伝活動にかかる時間を削減するため、SNSの宣伝内容をAIが自動で生成する「minneAIアシスタント(β)」(ベータ版)機能の提供を「minne byGMOペパボ」のブラウザ版で開始しました。

スクール創立や外部とのコラボによりminne作家・ブランドの活躍の場を創出

さらにサービス拡充だけでなく、作家・ブランドに向けた活動支援にも注力しています。外部企業とのコラボレーションコンテストの開催やコラボ作品の販売、ネット販売におけるノウハウの発信やセミナー開催など、作家・ブランドの新しい挑戦や活躍の場を創出する取り組みを行っています。

2023年には、ものづくりにまつわるノウハウや技術をプロの講師から学べるビジネススクール「minneカレッジ byGMOペパボ」を創立し、作家・ブランドのリスキリング(次世代の働き方に向けて新しいスキルを身につけること)機会の提供に加え、ハンドメイド作家・ブランドの活動をオンラインレッスンなどのスキルシェア領域への拡大を促進しています。

ビジネススクール「minneカレッジ byGMOペパボ」のWebサイト

海外に向けて販売する“越境EC”も拡充

minne byGMOペパボは作家・ブランドと購入者が安心・安全にサービスを利用できることだけでなく、多くの魅力的な作品と出会える場がより広がるように新規領域への挑戦も続けていくとのことです。

2019年には海外からの購入を可能にする越境ECサービス「WorldShopping BIZ チェックアウト」を導入しました。以降、対象地域を増やし、現在対象国は227カ国となっています。2023年には購入代行サービス「Bibian(比比昴)」が、minne作家・ブランド作品の特集を掲載予定で、今後も海外でのマーケティング施策に注力していくとのことです。

2023年9月16日~18日には、大規模オフラインイベント「minneのハンドメイドマーケット 2023」を、東京ビッグサイト 東7ホールで開催します。3日間で約3000ブースの出展と4万人の来場を見込んでいます。

2023年9月16日~18日に東京ビッグサイト 東7ホールで開催する大規模オフラインイベント「minneのハンドメイドマーケット 2023」のWebサイト

ハンドメイド作品を選んで買える楽しみに加えて、既にものづくりのスキルやノウハウを持つ人や、これからものづくりを始めたいという人にもスクールを用意し、、多くの人がものづくりのチャンスを得られるminne。さらに海外への販売もでき、ハンドメイドの世界が広がります。さらなる進化で、ハンドメイドやものづくりがどんな風に広がっていくのか、目が話せませんね。

安蔵 靖志

Techジャーナリスト/家電エバンジェリスト
家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout デジタル・家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にレギュラー出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの商品リサーチ・構成にも携わっている。

ranking

  • 1
    サムネイル

    アウトドアにも災害時にも! ライターやマッチ以外の火起こしツール4選

  • 2
    サムネイル

    「たこ焼き器」で作る“たこ焼き以外レシピ”は予想以上においしくて楽しい

  • 3
    サムネイル

    「やっぱり電気だよね」乗って分かった、テスラ車のスゴさと課題:鵜の目「鷹木」の目

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    2024年ChatGPTとGoogle Bardはどうなる?生成AIの最新動向

  • 1
    サムネイル

    アウトドアにも災害時にも! ライターやマッチ以外の火起こしツール4選

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    2024年ChatGPTとGoogle Bardはどうなる?生成AIの最新動向

  • 4
    サムネイル

    JO1、CHRIS LAKE、BLACK EYED PEASに熱狂! スケールアップして帰ってきたGMO SONIC 2024 初日レポート

  • 5
    サムネイル

    「ひげ剃りケータイ」はなぜなくなった? スマホ時代にガラケーは生き残るのか

  • 1
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 2
    サムネイル

    独立系書店店主が選ぶ 「人に伝わる文章」が書けるようになる本5選

  • 3
    サムネイル

    JO1、CHRIS LAKE、BLACK EYED PEASに熱狂! スケールアップして帰ってきたGMO SONIC 2024 初日レポート

  • 4
    サムネイル

    2024年に立てた目標を確実に実現する7つの方法

  • 5
    サムネイル

    カンタンな質問力UPメソッドでChatGPTを使いこなそう

internet for you.