『サイバーパンク2077』出演の日本人アーティストはどうやってリモートコラボを実現したのか

昨年12月に発売された近未来SFゲーム『サイバーパンク2077』。同作はポーランドのゲーム開発会社のCD PROJEKT REDが開発したサイバーパンクの世界観を元に、オープンワールド型のアクションロールプレイングゲームとして、世界的にも人気のゲームタイトルだ。

その反響は凄まじく、CD PROJEKT REDの発表によると、発売からわずか10日間で1300万本(ダウンロード販売含む)を売り上げ、なんと販売総額は7億8000万ドル(約807億円)。近年のゲーム業界においても記録的な大ヒット作品になっている。

そんな超人気ゲームタイトルのサントラには、起業家イーロン・マスク氏のパートナーで、最近はNFT(アートや音楽、トレーディングカードなどの取引に使われる独自のデジタルトークン)によるデジタルコレクションを創設したことでも注目を集めたグライムス(Grimes)や、安室奈美恵やマドンナの楽曲も手がけたソフィー(SOPHIE)など、世界的アーティストが多数参加。ゲームファン、音楽ファンの両方で話題になったことも記憶に新しい。

このサントラには、そんなきらびやかな音楽界の世界的スターたちとともに、実は日本のアーティストが参加していた。サントラに収録されている、一見サイバーパンクとはかけ離れた印象の「PONPON SHIT」という楽曲を提供したのは、渋谷を拠点に活動する芸術家アイドルグループ・ナマコプリだ。

作中ではアイドルグループ"US CRACKS(アスクラックス)"のキャラクターが歌う「PONPON SHIT」。ロリータライクな声で歌われる"あなたと毎日 ponponさせてね"、"私はあなたの ponponちゃんなの"など、意味不明ながらもどこか隠喩的でもある独特の日本語詞が「一度聴くと頭から離れない」、「中毒性がハンパない」と国内外で大きなバズを起こし、サントラ収録曲の中でも屈指の有名曲になった。世界的アーティストたちとともに、なぜ日本のローカルアーティストが超人気ゲーム作品のサントラに参加することができたのか?

Eメールで突然届いた楽曲提供オファー

サントラ参加の経緯について、楽曲のプロデュースを手がけた作詞家・DJ・プロデューサーのカワムラユキ氏とナマコプリのマコ・プリンシパル氏に話を聞いてみたところ、返ってきたのは意外な答えだった。

マコ・プリンシパル(左)& カワムラユキ(右)at しぶや花魁

オファーがあったのは今から2年ほど前。CD PROJEKT REDの担当者から直接メールで楽曲提供を依頼されたことがサントラ参加のきっかけになった。

「主催する音楽レーベル『OIRAN MUSIC』のホームページにある連絡先にメールで突然、ゲームのイメージに合った曲を作って提供してほしいという依頼がありました。それで曲を作って提出したのですが、半年くらいなんの音沙汰もなくすっかり忘れていたところに、今度は曲が採用されたという連絡がありました」(カワムラ氏)

予想以上に淡白なやりとりだったことに驚いたが、本人たちは特にゲームに詳しいわけではなかったので、逆に気負うことなく楽曲制作に取り組めたと語る。ただ、カワムラ氏とマコ・プリンシパル氏は、楽曲のコンセプトに関しては細かいメーカー側からの指定があったことも明かす。

「とはいえ、向こうも私たちの音楽性を理解しての依頼だったので、そこはお互い了承の上で、作中世界で活躍する日本人3人組アイドルユニット"US CRACKS"を想定した楽曲を制作しました」(マコ氏)

しかし、それでもその求められたコンセプトにいかに沿った楽曲を作るかには苦戦した。通常、アーティストの音楽制作の現場では楽曲の音質だったり、完成度だったり、あらゆることにクオリティの高さが求められる。だが、今回、制作会社が"US CRACKS"の楽曲として求めたのは、「作中に登場するロックスターが、"音楽に対する真剣味が感じられないと怒りを露わにする"ようなもの」だった。

マコ・プリンシパル

19 件

Jun Fukunaga

ライター・インタビュワー
音楽、映画を中心にフードや生活雑貨まで幅広く執筆する雑食性フリーランスライター・インタビュワー。最近はバーチャルライブ関連ネタ多め。DJと音楽制作も少々。

ranking

  • 1
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 2
    サムネイル

    お風呂タイムが充実!100円ショップで買える防滴 Bluetooth スピーカー3種を比べてみた

  • 3
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 4
    サムネイル

    大迫傑選手、GMOインターネットグループに参画! 悲願の「ニューイヤー駅伝2023」制覇に向け、大きく前進

  • 5
    サムネイル

    大型音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」来年1月にさいたまスーパーアリーナにて開催決定! マシュメロ、LE SSERAFIM、ザ・チェインスモーカーズなどを第1弾アーティストとして発表

  • 1
    サムネイル

    これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」、第1弾出演アーティストを詳しく解説!

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    漫画家・東村アキコが現代美術の世界へ進出!初作「NEO美人画」シリーズが「Adam byGMO」で販売決定!

  • 4
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

  • 5
    サムネイル

    眠い、だるい、やる気が出ない──「ちょっとしんどい時」の応急処置

  • 1
    サムネイル

    本当に釣れるの? ダイソーの釣り用品を購入! 実際に釣りに行った釣果は?

  • 2
    サムネイル

    眠い、だるい、やる気が出ない──「ちょっとしんどい時」の応急処置

  • 3
    サムネイル

    これまでにない「No.1」の音楽フェスティバル「GMO SONIC 2023」、第1弾出演アーティストを詳しく解説!

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    横浜中華街で買うべき「絶品肉まん」4選

internet for you.