FC琉球がGMOコインを通じてプロスポーツクラブ初となるIEO(暗号資産発行)による資金調達を実施!

FC琉球(運営:琉球フットボールクラブ)は2022年4月27日に、国内プロスポーツクラブで初となるIEO(Initial Exchange Offering)をGMOコイン取引所を通じて実施し、独自の暗号資産である「FC Ryukyu Coin」(以下、「FCRコイン」)の抽選販売を開始しました。

総供給量10億FCRコインの45%にあたる4.5億FCRコインをIEOプロセスの中で分配し、調達した資金は現在J2リーグで戦うチームの強化育成費やスタジアム施設関連費、FCRコインを活用できるプラットフォーム「FC RYUKYU SOCIO」のエコシステム構築に使用される予定です。

IEOを記念してFC琉球として初となるNFTをファンクラブ会員へ無償配布

今回のIEOを記念して、FC琉球として初となる公式マスコット「ジンベーニョ」のNFTを2022年3月末時点でのファンクラブ会員全員と抽選による一般希望者、合計1000人へエアドロップ(無料配布)します。

FC琉球コインについての詳細と募集申し込み、およびNFT配布に関してはこちらをご確認ください。
FC Ryukyu Coin
https://fcr-coin.com/

FC琉球コインのWebサイト

暗号資産販売所が主体となって販売する「IEO(Initial Exchange Offering)」

「IEO」とは、暗号資産取引所が支援することで独自暗号資産(トークン)発行によるコミュニティの形成・強化や資金調達を行うというものです。

企業やプロジェクトなどの発行体が、ユーティリティトークン(何らかの実用性を持ったトークン)を電子的に発行することで資金調達を行う仕組みの中でも、暗号資産取引所が主体となって発行体のトークン販売を行うモデルを指します。

IEOは近年注目を集めており、海外で多くの事例があります。国内でも2021年5月の改正資金決済法施行以降、ガイドライン策定などの制度整備がなされてきています。プロスポーツクラブでの発行となるIEOは国内初の試みであり、プロスポーツ界にとっても新たな挑戦となります。

調達した資金をチーム運営や強化・育成などに活用

今回のIEOによって調達した資金の使途は以下ということです。調達した資金を活用しプラットフォームの開発・エコシステムの拡大をはじめ、J1リーグ昇格に向けたチームの強化投資を加速させます。

・40%:FC琉球のチーム運営・強化費・育成費
・40%:FC RYUKYU SOCIOシステム開発・運用・マーケティング費
・12%:FC琉球コイン発行・運用費用
・8%:予備費用

FCRコインを活用できる「FC RYUKYU SOCIO」とは?

「FC RYUKYU SOCIO」はスポンサーを含むサポーター、選手、クラブの3者間のつながりを再構築し、価値共有をよりなめらかにするプラットフォームです。

その中で流通するFCRコインを通して、サッカークラブが持つ価値の分散化と流動性を促します。地域サッカークラブに共通する資金問題などの経営課題を解決していくことで、現代サッカークラブ経営の新しいスタンダードを作り、地域スポーツクラブと地域経済の関係性にイノベーションをもたらすことを目指しているとのことです。

既存のファンクラブ会員以外にも抽選でNFTを無償配

IEOの実施を記念し、FC琉球のサポーターである「ベンガラ会員」「ゴールド会員」にはIEOを記念し公式マスコット「ジンベーニョ」のNFTを無償配布します(2022年3月31日時点の会員が対象)。

また、このIEOをきっかけにFC琉球を応援したいという人に対しては、抽選で1000個のNFTを同じく無償配布するとのこと。NFTには2パターンのレアリティがランダムで設定されるようになっています。

IEO記念となるジンベーニョNFTのイメージ

IEO記念となるジンベーニョNFTのイメージ

このNFTはFC琉球として初となる公式NFTで、その保有者は永続的に以下のような特典を受けることができます。

・FC RYUKYU SOCIO内の限定コンテンツへアクセス
・FC琉球のホームゲームや公式イベントでの特別体験

FCRコインとともにNFTにもこれからさまざまな付加価値を設けていく予定とのことです。

●詳細はこちら
FC RYUKYU SOCIO NFT Airdrop
https://www.premint.xyz/fcryukyu

上記 NFT Airdrop特設ページから、誰でもNFTの抽選申し込みが可能です。5月18日のトークン割当後、特設ページで登録したウォレットアドレスへNFTがエアドロップ形式で無償配布される予定です。

GMOコインでは、IEO募集開始記念キャンペーンを開催

またGMOコインでは、IEOの募集開始を記念して、Twitterアカウントのフォローとリツイートで、FCRコインもしくはFC琉球のサイン入りグッズが当たるキャンペーンを開始しました。

GMOコインのTwitterアカウント(@gmo_coin)をフォローし、対象ツイートをリツイートすると応募が完了します。

抽選により当選する賞品は以下の通りです。
・FCRコイン(2,000円相当)50名
・GMOコイン冠試合の試合球(サイン入り)1名
・FC琉球 オリジナルTシャツ(サイン入り)5名

キャンペーンの実施機関は以下の通りです。
・実施期間:2022年4月27日~2022年5月18日23:59

応募に関する注意事項はこちらを参照してください。
IEO募集開始記念!フォロー&リツイートでFCRコインまたはFC琉球のサイン入りグッズが当たる!キャンペーン
https://coin.z.com/jp/corp/about/campaign/202204-03.html

暗号資産「FCRコイン」のIEO実施概要

IEOは、GMOコイン株式会社にて、以下の通り実施を行う予定です。

・募集銘柄:FCRコイン
・トークン名:FC Ryukyu Coin
・ティッカー:FCR
・募集期間:2022年4月27日 ~ 2022年5月18日14:59
・募集価格:2.2円 / FCR
・1口あたりの数量:2,500 FCR
・最小申込口数:1口
・最大申込口数:9,000口
・スケジュール:4月27日募集開始、5月18日抽選およびFCRコイン受渡し
・購入対象者:「GMOコイン」から申し込みを行ったユーザー
・発行者:琉球フットボール株式会社
・トークン規格:ERC-20
・法定気位置付:改正資金決済法2条5頁1号が定めるいわゆる「1号暗号資産」
・総発行枚数:1,000,000,000FCR
・IEO販売枚数:450,000,000FCR(発行枚数の45%)
・IEO受託業者:GMOコイン株式会社・販売方法:Intial Exchange Offering(IEO)形式での販売


FC Ryukyu CoinのWebサイトでは、そのビジョンについて「ファン・サポーターとサッカークラブの関係性をアップデートし、 現代のサッカークラブ経営の新しいスタイルを示すことで、 日本とアジアのサッカーを欧州や南米に並ぶものにする」としています。

FC琉球のファンの方々やサポーターの皆さんだけでなく。このビジョンや取り組みに共感する人や、暗号資産を用いたコミュニティプラットフォームに興味がある人も、一度サイトを訪れてみてはいかがでしょうか。

安蔵 靖志

Techジャーナリスト/家電エバンジェリスト
家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout デジタル・家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」にレギュラー出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの商品リサーチ・構成にも携わっている。

ranking

  • 1
    サムネイル

    社会人が学べるチャンスは増加中! コエテコ総研が『社会人のスクール選び』に関する調査を公表

  • 2
    サムネイル

    お風呂タイムが充実!100円ショップで買える防滴 Bluetooth スピーカー3種を比べてみた

  • 3
    サムネイル

    「ミス指摘」のポイント、部下の心を傷つけず、「教えてもらってよかった」と思われるには?

  • 4
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 5
    サムネイル

    兵庫県たつの市が自治体DXに向けて電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」を導入

  • 1
    サムネイル

    「ミス指摘」のポイント、部下の心を傷つけず、「教えてもらってよかった」と思われるには?

  • 2
    サムネイル

    ダイソー・セリア・キャンドゥ 100円ショップのパソコン周りクリーナーおすすめ6種を試してみた

  • 3
    サムネイル

    お風呂タイムが充実!100円ショップで買える防滴 Bluetooth スピーカー3種を比べてみた

  • 4
    サムネイル

    社会人が学べるチャンスは増加中! コエテコ総研が『社会人のスクール選び』に関する調査を公表

  • 5
    サムネイル

    アプリレビューから運営の回答まで“おじさん構文”で大盛り上がり!「おじさん構文ジェネレーター」

  • 1
    サムネイル

    アプリレビューから運営の回答まで“おじさん構文”で大盛り上がり!「おじさん構文ジェネレーター」

  • 2
    サムネイル

    「ミス指摘」のポイント、部下の心を傷つけず、「教えてもらってよかった」と思われるには?

  • 3
    サムネイル

    街に増える個性派書店──私が小さな本屋「葉々社」を開いた理由

  • 4
    サムネイル

    小室哲哉、最新アルバム未収録デモを「Adam」で販売──ファンも巻き込む音楽の新たな“実験”

  • 5
    サムネイル

    ソニーのゲームサブスク「PlayStation Plus」エクストラとプレミアム──どう違う? 選ぶならどっち?

internet for you.